« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

クイズ解答

先日の記事で  ⇒ これ

謎のタクシードライバーが出してくるクイズのお話をしました。

ポチをいっぱいもらったら、答えをUPしようと思ったのですが、ほとんど反応ありませんでした。

でも一部の熱烈(?)な常連さんのリクエストにお応えして公表しますね。

Q①日光はきのこが有名だけど、ただ一つ生えない種類があります。なんでしょう?

A:日光は杉木立が有名ですね。杉や樅などの針葉樹が多いのですが、意外なことに松の木がないんですよ。松に生えるキノコといえば、そう、松茸ですね。

Q②マタタビの語源って知ってます?

A:マタタビといえばにゃんこ。何故かこの匂いを嗅ぐとラリっちゃうんですよね。不思議です。このマタタビは、人間にも効果があり、生薬として色々な用途に用いられるようですが、昔、へとへとに疲れた旅人が、この実を食べたところ、とたんに元気になり、また旅を続けることが出来たというのが語源だそうです。ベタですね。

Q③日光は杉が多いですが、杉の葉っぱから出来る日光名物は何?

A:答えは「お線香」。日光の線香生産高は、国内シェアの60%にも及ぶそうです。

Q④樅(もみ)の木は軟くて建材には向きませんが、大事な用途を持つものの原料です。さて何の原料でしょう?

A:もろいので、すぐに燃えてしまうような用途が向いているということで、我々もいずれお世話になる「棺桶」の材料として広く使われているようです。

いかがでしたか?

ためになったね~と言っていただける方、今からでも遅くありません

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年7月28日 (火)

日光点描 日光駅~明智平~華厳の滝

072801 いつもの通り、まったく無計画にスタートした日光散歩。レモン牛乳すすって一日分のブログネタ(こっち)を補充したあと、降り立ったのはJR日光駅。

4両編成の日光線の電車の乗客は一つ手前の今市で殆ど降りてしまい、終点まで行く人はちらほらでした。

駅前で途方にくれていると、元気のいいおっちゃん登場。

「今日は仕事になんねぇからサービスすっぺよ。華厳の滝までバスと同じ料金で行くけどどうだ?」とのこと。

さては白タクだなと見たらちゃんとした緑ナンバーのワゴン車。おまけに私達の他にも3人の女性を口説いてる。結局女性たちは合意、私達もいちかばちか乗ってみることにしました。華厳の滝までバスで1100円。「往復一人2200円で手を打つっぺよ」とのこと。以前白タクにやられたことがあるので最初は疑心暗鬼でしたが、どうやら善良なタクシーのようです。

072802 いろは坂を駆け上り、明智平で休憩。

少々ガスってますが、雨が降るほどでもありません。

この先のトンネルを抜けると華厳の滝だけど、そっち側は晴れてるよとのこと。

この運転手さん、なかなかのインテリで、車内ではガイドしっぱなし。時折クイズが飛んできます。

①日光はきのこが有名だけど、ただ一つ生えない種類があります。なんでしょう?

②マタタビの語源って知ってます?

③日光は杉が多いですが、杉の葉っぱから出来る日光名物は何?

④樅(もみ)の木は軟くて建材には向きませんが、大事な用途を持つものの原料です。さて何の原料でしょう?

どうも植物に偏った薀蓄ばかりですが…

答えはポチの数によって次回公表します

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

072803 トンネルを抜けたら運転手さんの言うとおり晴れてました。

華厳の滝の観瀑台まではエレベーターに乗って約100m下ります。

往復で500円かかりますが、レストハウス横の遊歩道を入ると上からの景色も見られます。

でもせっかく来たからには迫力ある下からの眺めを味わいましょう。

072804 エレベーターを降りると地下道で観曝台まで歩きます。天然のクーラーが効いてひんやり。あ~、外に出たくない~。

072805 じゃん!

これが那智の滝、袋田の滝と並び称される日本三名瀑のひとつ、華厳の滝ですよ。

日光を象徴する景観を堪能して、マイナスイオンもたっぷり吸収しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

日光線のレトロな旅

Dsc00001 JR日光線では、車両の塗装色変更や、駅名表記板の変更など、レトロ色を前面に打ち出したイメージチェンジを行なっています。

いきなり目を引くのが各駅に張ってあるこのポスター。

基調色は「クラシック・ルビー・ブラウン」という色だそうです。

並行して走る東武鉄道の往年の1700系を彷彿とさせる色です。

その下には157系準急「日光」号。オールドファン垂涎の車両ですな。

Dsc00002 宇都宮駅の日光線ホームへ降り立つと、明らかに他のホームとは違う雰囲気。

木目を基調としたデザインに統一されています。

Dsc00003 日光駅には大正天皇が使っておられたといわれる貴賓室があります。

大正天皇の別荘が、ここ日光にあったようです。

駅に貴賓室があるのは他に軽井沢などがありますが、いずれも日本が誇るリゾート地です。

Dsc00004 関東の駅100選にも選ばれた駅舎は、大正元年の建築。かつては優等列車の乗り入れで東武と乗客の争奪戦を繰り広げましたが、この競争も東武に軍配があがったようで、東武日光駅前に比べると閑散とした雰囲気です。

Dsc00005 車両の方はこちら。日光線用小山車両センター所属の107系。この日目撃したのは2両ユニットx3編成。

旧塗装車も2両x3編成ありました。

Dsc00006 行先表示は毛筆体になってました。

ヘッドマークには、日光駅と日光のシンボル神橋と大谷川がデザインされています。

今はオフシーズンなのでしょうか、タクシーの運転手さんに聞くと、暇だ、とのことでした。紅葉シーズンにはフルの6両編成を連ねて満杯の乗客を運ぶことでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年7月24日 (金)

遅歩庵いのう@佐原

Dsc00001 佐原の町並み散策で歩きつかれたら、ちょっとお茶でもしませんか?

伊能忠敬記念館前にある喫茶店「遅歩庵いのう」さんは、伊能忠敬の末裔の方が経営する喫茶店、ちょっと見喫茶店には見えない店構えですが…

Dsc00002 近くに寄ってみると、ちゃんとした喫茶店であることがわかります。

ひきたてコーヒーの文字に引かれて入ってみました。

Dsc00003 サイフォンでじっくり落としたコーヒーにクッキー。

アンティークな建物と調度品が見守る店内は、ゆったりした時間が流れていきます。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月22日 (水)

みうら湯@弘明寺

Image4231 京浜急行弘明寺駅から徒歩約10分のところに天然温泉のお風呂屋さんがあります。

弘明寺温泉「みうら湯」さん。

品川から約30分で行くことができる天然温泉です。

14種類のお風呂のほか、マッサージやアカスリ、散髪などが出来、もちろんお食事も出来る充実した設備でありながら、入浴料は650円。

よほどの混雑時でなければ何回も入れるので、大変お得な温泉です。

Image4131 入浴後は広間で飲食ができます。

お風呂に入って食事して、またお風呂に入るなんていうのもあり。ごろんと横になって休むこともできます。

…??

なんだ?写真に写ってる2つの飲み物は??

Image4241 お料理も大変充実しています。

更にお値段も手ごろなので、心置きなく食事も出来ます。

まずはシーフードサラダ

Image4251 ラーメンはそこらへんの半端なラーメンよりハイレベル。

腰のある麺と濃厚なスープがバランスよくいただけます

Image4261 マグロの漬け丼定食。

三浦半島といえばやっぱりマグロですよね。

京浜急行では「みうら湯きっぷ」として、品川から弘明寺までの入浴券付き往復割引きっぷ1190円を販売しております。また、場内で会員になれば、アカスリやマッサージ、食事の料金が割引となります。(会員登録料100円)

お友達のtgv844さんもみうら湯に関する記事を書かれておりましたのでこちらもご参照下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

飛鳥山公園モノレール

Image4421 久々の鉄ネタです。

というか鉄ネタになるんでしょうか?

王子にある飛鳥山公園。春は花見の名所として名高い公園ですが、この場所に7月17日、モノレールが開通しました。

モノレールとはいってもエレベーターのようなケーブルカーのような…

JR王子駅前から標高差17mを分速30mでゆっくり走ります。

北区の広報はこちら

久々!鉄道ブログバナー!

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

びっくりワンタンめん@ゆきむら亭(常総市)

Image2231 茨城県を中心にチェーン展開している「ゆきむら亭」さんに初めて行きました。

仕事でよく通る国道294号線、石下高校東の交差点際にあります。

よくあるチェーン店タイプの店舗で、あまり期待しませんでしたが、メニューが非常に豊富。チョイスに悩んでしまいます。

結局名前に引かれて「びっくりワンタンめん」(780円)にしました。

ラーメンはいたって普通でしたが、ワンタンのぷりぷり感と、チャーシューのとろ~り感がいいですね。

ところで、なんでびっくりなんでしょうか?

この場所は数年のうちに何度も出店するお店が(それも何故か全部ラーメン屋)替わってますが、今度こそ頑張ってほしいもんです。

わたしのブログもしつこく頑張ってます

ポチよろしく

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年7月17日 (金)

もりそば@小堀屋本店別館

Dsc00001 佐原の駅を降りると、一昔前にタイムスリップしたような錯覚にとらわれます。

まず木造の温かみのある駅舎がお出迎えしてくれます。

Dsc00002 電柱の住所表記にはイロハの「イ」の文字。

後で調べたのですが、「イ」「ハ」「ニ」「ホ」とあるようです。「ロ」は欠番なんですかね?

Dsc00003 お菓子屋さんの店先に、古~いコロナ発見。

3桁のナンバーがあたりまえの今日、「千5」だけのナンバープレートが懐かしいこと。

大事に乗っておられるようでした。

Dsc00004 前回は本館で「黒切りそば」を頂いた「小堀屋本店」さん。

今回は、2軒隣にある別館にお邪魔しました。

旧千葉銀行佐原支店の建物をそのまま使っています。

Dsc00005 店内は本館と異なり、洋館の雰囲気が漂います。

座敷は2卓、そのほかはテーブル席で、広々としています。

Dsc00006 もりそばは更科の白いおそばでした。蕎麦の香りが充分楽しめます。

すぐに伸びてしまうので、一気に平らげたいですね。

570円(大盛り100円増し)はお手ごろなお値段です。

恵みのポチを!

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

きのこ汁合盛り@山水苑(大間々)

Image4221 とにかくわかりにくい場所にあります。まさに秘境のうどん屋。

わたらせ渓谷鉄道大間々駅から高津戸渓谷にかかる高津戸橋を渡り、1キロくらい先のわかりにくい入口を左折、ほんとにいいんかいな?と疑心暗鬼で山道を登ると、山水苑さんに着きます。

意外なことに駐車場は車でいっぱい。実は秘境の名店のようです。

Image4211 うどん、そばのお店ですが、ここのお薦めは3種類の寄せご飯。「ししたけ」「きのこ」「山椒」の3種類があります。麺類と付け合わせで選びたい(小)は500円。

今回は「ししたけごはん」を注文しました。アクと苦味が強いししたけを、ごま油でさっと炒め、混ぜご飯にしたもので、ピラフのような香ばしい香りがします。

Image4201 メインの麺は、きのこ汁合盛り。しめじ、舞茸、平茸、なめこなどがふんだんに入った熱い汁に冷たい麺をつけていただきます。

うどん、そばとも手打ちで、どちらもお薦めですが、両方楽しみたい方には「合盛り」がいいでしょう。

個人的にはそばが好きかな。

アクセスは、大間々駅から約1.5キロ。ただ、極端な上り坂なので、車でないときついでしょう。

山水苑

群馬県みどり市大間々町高津戸1631-3

TEL 0277-72-3869

月曜定休

なにやらランキングが急降下しておりますが…

一発応援お願いします

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2009年7月13日 (月)

佐原の大祭~みんな生き生きしてるね

7月10~12日に行なわれた「佐原の大祭」。

あまりの熱気に写真撮りまくってたんですが、あまり得意ではないんですが、人物画にチャレンジしてみました。

Dsc00001

Dsc00002

Dsc00003

Dsc00004 Dsc00005

Dsc00006

女性の後姿撮らせたらline事務局長がピカ1ですね。

人物画、奥深いっス。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

行ってきました、佐原の大祭

071101 千葉県佐原では、7月の10~12日まで、「佐原夏の大祭」が行われております。

昨年6月にふらっと立ち寄った佐原の街で偶然出くわしたこのお祭りにすっかりはまってしまったtakeさんです。

昨年の模様はこちら

071102 心配された天気ですが、昨日までの予報を覆し、雨にはたたられませんでした。むしろ日差しも少なく、涼しくすがすがしい陽気の中での大祭となりました。

071103 夏の大祭では、佐原の旧市街、本宿地区の10の町内が山車を引き回します。(秋は新宿地区の14基が練り歩きます)

今日11日と明日12日は、10基全てが街へ繰り出し、11日は決められたルートを歩く巡行、12日は思い思いの場所を練り歩く乱曳きとなります。

071104

勇壮な山車に、佐原囃子の音色、若者たちの躍動感、町内一丸となって繰り広げるパフォーマンスの圧巻。

どれをとっても見事なお祭りです。

佐原の古い町並みと、日本の伝統行事に老いも若きも一体化して作り上げる佐原の大祭。

都会に暮らしていて忘れかけていた故郷へのノスタルジーを感じさせてくれる素晴らしいお祭りでした。

071105 佐原夏の大祭は明日7月12日が最終日です。

東京からは臨時特急「あやめ」が運行されるほか、東京駅八重洲口から直通のバスもあり、2時間弱で到着します。

お時間のある方は是非!

お時間のない方はこれを押して行ったつもりになろう

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

鴨汁うどん@利休庵(上尾)

Image3561 冷たいうどんを熱々の鴨汁につけていただく『鴨汁うどん』はあちこちのお店で賞味できますが、中でも上尾にある利休庵さんの鴨汁うどんは格別です。

小ぶりに刻まれた鴨肉とたっぷりのネギ、適度な濃さの出汁に腰の効いたうどんをつけていただきます。

Image3551 付け合せには天ぷらなど。

とこぶしの殻に入った塩は、貝の穴を上手いこと利用してふりかけます。

揚げたてがパリッとして香ばしいですね。

利休庵さんは、足利一茶庵を本山とする「禅味会」のお店、全てお座敷となっており、若干敷居が高く感じられる店構えですが、入ってしまえば気軽に賞味できます。

夜のメニューも充実しており、鴨浄饌などがお奨めです。

利休庵

埼玉県上尾市上1382-6

TEL 048-772-2830

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

モトヤマ・ミルク・バー@六本木ヒルズ

Dsc00001 六本木ヒルズに鎮座まします牛さんの像。

時折、スタンドには行列が出来るモトヤマ・ミルク・バーに行ってきました。

北海道酪農発祥の地、八雲にある元山牧場から直送された濃厚な牛乳を味わうことができます。

Dsc00002 頂いちゃいました。

口の中にほわんと広がる濃厚感がたまりません。

牛乳といえば、昔、銭湯で湯上りにぐびーっと行くのが定番でしたが、六本木ヒルズあたりでいただくと、また違った味わいですな。

Dsc00003 こちらも濃厚、プリンです。

乳製品大好き人間の私には癖になりそうなアブナイ場所です。

森タワー~ハリウッド化粧品の間にあって、待ち合わせにもうってつけの場所ですよ。

ポチっとお願い♡

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

東西線、2週連続のトラブル

東京メトロ東西線は、日本でも有数の混雑路線として有名です。

最大乗車率199%は、私鉄ではワースト1、首都圏のJRを含めた路線でもワースト7位にランクインされます。併せて、車両やポイントの故障、更には強風による遅延、運休も多く見られます。

そんな東西線が先週、今週と、よりによって月曜日の朝のラッシュ時に車両故障。通勤の足を直撃しました。

当社も東西線利用者が多く、始業に間に合わない社員が多数。

その惨状たるや

ヒールで踏まれっぱなしだった

いやいやヒールがくるぶしのところから靴に刺さってきた

体が「く」の字に曲がった状態で20分間停止していた

前の女性が貧血起こしたけど倒れることもできず立ったまま気を失ってた

ポールに押し付けられてあばらが折れそうになった

などなど、口々にその惨状を語るところからスタートした月曜日の朝でした。

東京メトロさん、これって車両の品質管理以前に安全管理の問題ですよね、そのうち死者出ますよ。確かに通勤快速の新設や、時差通勤の奨励など、いろいろ手は打っておられるようですが、もっと抜本的な対策が必要なんじゃありません?

まず、朝の快速運転をやめましょう。

快速が通過する葛西・西葛西は乗降客数10万人弱、快速が停車する浦安の7万5千人より多いんです。それと、快速運転をやめることにより速達のメリットが薄れ、自然と並行する路線(総武線や都営新宿線)に乗客も流れるでしょう。

次に、増発がムリなら編成数増やしましょう。

たとえば12両編成にすることで、単純に混雑は20%緩和されるはずです。東京メトロ有数の黒字路線なんだから、ホームの延伸や車両の投入に多少お金使ってもいいでしょ。

かれこれ35年、東西線にお世話になっているわたくしの戯言ですが…

みんな!今日は怒りのポチだ!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年7月 5日 (日)

誕生日だったようで

昨日、7月4日で49歳になりました。

ある人曰く「しじゅうクサイ」だそうで、加齢臭に注意が必要です。

この歳になると、自分も家族も誕生日のセレモニーはスルーする傾向があります。

そりゃそうだよね、残りの人生数えた方が早い年齢になっちゃいましたから。

とはいっても年とっちゃうのは時の流れですから仕方ない。

というわけで、肩肘張らずにマイペースで行きますよ。

*49歳といえば信長が本能寺で討たれた歳じゃん?人間五十年の時代ですけどね。

こんなオヤジですが、お祝いのポチなんかいただけると嬉しいっス

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年7月 3日 (金)

おばけ餃子@ひさご亭(市川大野)

Dsc00002 武蔵野線、市川大野駅から徒歩約10分。ひさご亭さんに着きます。

もともとJR市川駅前にあった本店から分かれた支店でしたが、市川本店の方は駅前再開発のため営業を中止、人気メニューである餃子を味わえるのはここだけになりました。

先日、ホワイト餃子を食べていた時に、ふとこちらの餃子を思い出し、立ち寄ったわけです。

で、その餃子はというと…

Dsc00001 ほれ!

一人前6個とありますが、ラーメンの付け合わせで一人前なんか頼むと大変なことになります。隣にあるビール瓶と比較するとその大きさがわかるでしょ。

おまけに中は餡がびっしり。箸で持ってもずしんと重たいんですよ。

Dsc00003 ひさご亭さんは餃子だけの店ではありません。当然麺類もハイレベルです。

私の好みはチャンポン。あんかけの塩味で、野菜・麺ともたっぷり入ってます。

最後残った汁に餃子をどぼんと入れていただくのがtakeさん流。学生時代から約30年、この流儀は守ってます。

学生時代から私の胃袋を満たしてくれた青春の味。あのころは麺+餃子一人前もぺろりと平らげましたが、さすがにいまでは餃子は二人で一人前、歳とったな~と思ったら、明日誕生日です。

ちなみに餃子はハーフ(3個)もありますからご安心を。

クリックプリーズ!

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

なんとか間に合った@本土寺のあじさい

Dsc00001 今年もやってまいりました、松戸の本土寺です。

あじさい寺としてすっかり有名になってしまいましたが、四季折々、いろんな花が楽しめる「花の寺」です。

訪問したのが先週、ちょっと時期的に遅いかなとは思いましたが、北小金の駅にはババァ奥様方がたむろしてやがったいらっしゃったので、まだ見頃は過ぎてないかな~っと。

Dsc00002 当日はあいにくの雨でしたが、紫陽花やこのような苔は雨の方が風情ありますね。

この庭は紅葉の頃が見頃、紫陽花以外にも見所満点のお寺さんですよ。

Dsc00003 青が見事でした。

青系はこの時期まだキレイに咲いてましたが、赤系は枯れてる花が多かったように見えます。

色によっても時差はあるんでしょうかね。

Dsc00004

Dsc00005

Dsc00006

Dsc00007

Dsc00008 紫陽花を満喫したあとは、山門前にある「かふぇ ど えんで」さんでコーヒータイム。

物腰の柔らかい店員さん(父子かな?)の応対がたいへん心地いいお店です。

Dsc00009 コーヒーは本格派サイフォンコーヒー。ドトールやらスタバに慣れちゃったので、サイフォンで落としたコーヒーは格別ですね。

味も濃い目、薄めがチョイスできます。

ゆっくり流れる時間のなかで、いい雨宿りができました。

ランキングポイントのご寄付をよろしく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »