« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

バラが咲いた@京成バラ園

Dsc00001_2  雨模様の土曜日、近場で楽しめるところは無いかいなと思案のところ、八千代市にある京成バラ園が思い浮かびました。

ここは以前八千代市に勤務していた頃、毎日通った場所でして馴染み深く、ちょうど今頃バラが満開の時期を迎えています。

Dsc00002 30000㎡の園内には1000品種7000株のバラが植えられ、現在最高潮を迎えてます。

周囲の県道は車でびっしり、やはりこういうときは電車がいいですね。

ただ最寄り駅、東葉高速鉄道八千代緑ヶ丘駅までは西船橋からなんと490円(乗ってる時間は10分ちょいですよ)かかるのがネック。

Dsc00003 ここに植えられているバラは、全て外の売店で販売されています。

株の前の名札を頼りに売店に行けば鉢植えに巡りあえる仕組み。一鉢1800~3000円くらいが平均でしょうか。

Dsc00005 バラの味のソフトクリームなんていうのも発見。

後味がなんとなくバラの香りですが、口に含んだときは芳香剤みたいな香りがしました。

Dsc00004

Dsc00006

Dsc00007

Dsc00008

ひとつひとつに名前がついていて、ほとんど覚えられませんでしたが、バラって奥深いんですね。

名前云々よりも、雨上がりのしずくを付けた花がキレイだな~と思えたら良しとしましょうか。

応援のポチよろしく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

こっちもね


人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

自由の女神@お台場

Dsc00001 NYに来ました。

.

.

うそです。お台場でした。

Dsc00002 平成10年にフランスより1年間の契約でやってきたお台場の女神は、その後常設展示となり、すっかりお台場海浜公園のシンボルとなりました。

Dsc00003 自由の女神、レインボーブリッジ、東京タワー。

一度に東京のシンボルたちが見られるこの場所は、デートにうってつけ、これから彼女を口説こうというあなた。ロケーション作りはお台場海浜公園が担当してくれますから、存分に告白してください。

私ってキューピットみたいでしょ。

応援ポチよろしくっ!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

こっちもね

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

オムハヤシライス@美味卵家(神田)

とろーりふんわりの卵が乗ったオムライス、見てるだけで食欲をそそりますね。

そんなオムライスを手軽に味わえるのがここ、美味卵家さん。

今回は神田店にお邪魔しましたが、人形町、五反田にもあるチェーン店です。ただ、人形町はしばらくの間閉店しているようですね。

_ オーソドックスなオムライスは自家製のデミグラスソースがたっぷりかかって700円。これにいろいろなトッピングをチョイスできます。

今回は、フライドチキン+自家製ポテトコロッケ+とろけるチーズを乗せた「全部のせ」(1050円)を注文しました。

卵のふんわり感とデミグラスソースの香ばしい香りが食欲をそそります。

おなかが空いてる時はいろいろトッピングを選んでもいいけど、オーソドックスなオムライス自体が完成度が高いので、個人的にはあれこれ乗せないほうがいいかなと思います。

JR神田駅東口下車すぐ。

ガードの下にあります。

応援のポチよろしくっ!

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

のっけ定食@つきぢ天辰(八丁堀)

八丁堀といえば「必殺仕事人」の中村主水。

ではなくて、下町の香り漂うオフィス街です。

新大橋通りと鍛冶橋通りの交差点を永代橋方向へ少し歩いたところに、『つきぢ天辰』さんの支店があります。

本店は勿論築地にあるんですが、仕事の関係でこちらにお世話になることが多いtakeさんです。

_ 昼の一押しメニューはなんといっても「のっけ定食」(990円)。

同じ値段の天ぷら定食と内容は一緒ですが、こちらはその中のかき揚げがご飯に乗っていて、かき揚丼+天ぷら5種盛り合わせ)+味噌汁+お新香となっています。

からっと揚げたての天ぷらと、自家製のたれにじんわり浸ったかき揚丼、満腹のメニューです。

近隣はオフィス街なので、平日の昼間はサラリーマンで賑わいますが、大半の方はこの「のっけ定食」を注文します。

ちなみに「のっけ」とは「乗せる」の意味。

江戸っ子は「乗せる」という動詞を「のっける」と言うんですよね。

応援ポチよろしくっ!!

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

こっちもね


人気ブログランキングへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

横浜たんたん麺@ラーメン市場(篠崎)

Dsc00001 辛いラーメンが食べたい時には、ついここへ来てしまいます。

江戸川区は篠崎にある「葛西ラーメン市場」さん。

篠崎なのに葛西ラーメン市場とはこれいかに?

実は数年前まで葛西にあったんですよね。惜しまれつつ閉店しましたが、ちゃっかりこちらで営業してます。

Dsc00002 辛い系のラーメンはたんたん麺の他に四川麺、辛子味噌ラーメンがありますが、一番人気はやはりこの横浜たんたん麺。辛さも1番~5番まで選べます。

中には18辛を平らげたつわものもいるようで、店内に名前が貼ってあります。

Dsc00003 今日は3番(辛口)をオーダー。このあたりが私にはちょうどいいようです。

辛いだけでなく、だしの味がしっかり感じられます。

中太麺にこのスープがからんでちょうどいい味わいになります。

応援ヨロシクっ↓

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

こっちもね↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

築地市場散策

052201 先日、築地にある『豊ちゃん』をご紹介しましたが、その際、築地界隈をぶらりと歩いてみたのでご案内しましょう。

都営大江戸線築地市場駅A1出口を出ると、築地中央卸売市場の正門前に出ます。

ここから場内に入るのですが、かなりの数のトラックが走ってます。歩く時には安全通路からはみ出さないようにしましょう。

052202

ビュンビュン走るトラックをかいくぐると、こんな光景が広がります。

正式には関連事業者営業所というらしいですが、寿司や海鮮はじめ数多くの飲食店が軒を並べます。

休日のお昼どきはどの店も行列が出来ます。

052203

牛丼の吉野家、1号店は築地にあるんですよ。

24時間営業が売りの吉野家ですが、ここは朝5時~13時でおしまい。

BSE問題で、輸入牛肉が使えなくなった時期も、ここ1号店だけは国産牛を使用した牛丼を販売していました。

052204

先日ご紹介した豊ちゃんもこの一角にあります。

052206

場外へ出てみました。

テリー伊藤さんの実家として名高い玉子焼きの丸武さんは波除通りに面した場所にあります。ノーマルな玉子焼きのほかに、エビ、三つ葉、海苔などが入ったものがあります。052207

場外市場の風景。常に多くの観光客で賑わっています。鮮度のいい魚や野菜が手に入ります。「もうちょっと負けてよ」というと「安いもん欲しけりゃアメ横行きな」と言われるそうですが、これは作り話でしょう。でもそれだけ築地は鮮度にプライドがあるという表現でしょうね。

052208

店先でこんなもの食べさせてくれるお店もあります。

一日いても飽きないおもちゃ箱のようなエリアでした。

へい いらっしゃい!

ぽちっと頼んます↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年5月20日 (水)

オムハヤシライス@豊ちゃん(築地)

Dsc00001 東京の台所、築地市場へ行ってまいりました。

今日ご紹介するのは、波除側から場内へ入ってすぐのところにある洋食屋さん『豊ちゃん』。創業大正8年の老舗です。

昼食時は行列も出来る有名店で、平日は近隣のビジネスマンで賑わいます。

Dsc00002 人気メニューの一つ、オムハヤシライス(1050円)。

ふんわりタマゴと濃厚なデミグラスソースが美味。

決して愛想がいいとは思えないご主人とおかみさんですが、江戸っ子ならではのぶっきらぼうな優しさが感じられます。

女性やお子さんには「ご飯少なめにしようか?」と聞いてくれます。少なくした場合は40円の割引、それでも写真くらいのボリュームはあります。

Dsc00003 豊ちゃんの得意料理はとんかつ、ちょっと変わったところで「あたまライス」(1010円)はいかがでしょう。

カツ丼の具とご飯が別盛になった定食。もちろんそのまま乗せればカツ丼になりますが、ご飯の美味しさを味わいたければこれでしょう。

どのメニューも1000円前後ですがボリュームたっぷり。満足のお昼ご飯です。

築地はB食の宝庫です。いずれまたご紹介しましょう。

応援ポチ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

フジテレビ 球体展望室にのぼる

Dsc00001 すっかりお台場のランドマークとして定着したフジテレビ本社社屋。今日は屋上にある丸っこい展望台に登ってみましょう。

Dsc00002 25階、地上100mの展望台を下から見上げるとこんな感じ。大丈夫なのか?高所恐怖症オヤジ。

この中でアヤパンもナカミーも働いてるのね、会えるとしたらクリステルがいいなとほのかな期待を抱きつつ…

Dsc00003 500円払ってエレベーターへ。特にシースルーというわけではありませんが、全然揺れないんだわ、このエレベーター。

展望室に着くと、いきなりこんな風景に出会えます。

手前にお台場海浜公園、レインボーブリッジ、奥には東京タワーを望みます。

Dsc00005

他の窓からは日航ホテル、lineさん張りに俯瞰でゆりかもめを撮ってみました。

日航ホテルの存在感に負けてます。

手前のプロムナードは「踊る大捜査線Ⅱ」で深津絵里さんが撃たれた場所ね。

Dsc00006 球体を近くで見るとこんな感じ。

今の展望台は2代目ですか、もし落っことしたらどうなんの??こんなのが落ちて高速道路を走ったらおっかないでしょうね。

Dsc00007 きっかけストリートではフジテレビの看板番組の展示を見ることが出来ます。

サザエさんの家のジオラマなんてのもありました。

Dsc00008

フジテレビを出てアクアシティを横切ると、何故か自由の女神がいたりします。

レインボーブリッジをバックに立つ自由の女神、違和感たっぷりですが、なかなかいい絵です。

ちょっとミーハーな記事ですが、応援ポチのほどヨロシク!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

まぐろ重@魚音(三崎漁港)

051701 やってきました三崎漁港。

遠洋マグロはえなわ漁によるマグロ水揚げ高が全国第4位という港です。

ゴールデンウイーク真っ只中とあって、かなりの人出。どこのお店も海鮮を求めるお客さんで長蛇の列でした。

051702 今回お邪魔したのは鮮魚市場の裏手にある『魚音』さん。ちょっとだけ哀川翔さんに似たマスターが切り盛りする鮮魚料理屋さんです。

待つこと30分、店員さんの手際もよく、長い行列もずんずんクリアされて行きます。

051703 お奨めのマグロ重は、赤味、中トロ、ほほ肉の刺身3点盛りに小鉢2品がついて1575円(税込)。

マグロの部位別バリエーションが食べ比べできる一品です。

051704 こちらもう一つのお奨め、魚音重(1575円)。

マグロ赤味のほかに、甘エビ、カンパチ、カジキ、イカなどが豊富に入った海鮮丼。マグロ以外もいろいろ試したいという方にはこちらがいいでしょう。

051705 勿体つけて3回にわたってぐだぐだとお届けした三浦半島先端散策、最後はようやっとマグロ丼登場でした。

お腹も満たされ、帰りの京急は爆睡でした。

京急の赤はマグロをイメージしちょるんだろか?

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

城ヶ島散策後編~マグロはまだか~

051401 「馬の背の洞門」の脇にある階段を上ると、今まで歩いてきた地磯が一望できました。

右手の小高い丘の向こう側から道なき道を磯伝いに歩いてきたわけです。

靴はトレッキングシューズなどがお勧めですが、中にはハイヒールにミニスカートのお姉ちゃんもいましたので大丈夫なんでしょ。

051402 階段を上がりきるとようやっと整備された遊歩道に出ました。

前を行くハイヒールでミニスカートのお姉ちゃんもここまで来れば大丈夫です。

051403 途中にある展望台から見下ろすと、そこは天然記念物 ウミウの生息地だそうです。

不忍池にやたらいるアイツらはカワウですので、違う種類ですよ。

051404 島の東端は神奈川県立城ヶ島公園になっています。

遊歩道と展望台、芝生広場があるだけの簡単な公園ですが、ここに入る駐車場待ちの車も長蛇の列。

鉄ちゃんならではの優越感に浸れる瞬間です。

051406 公園展望台から芝生広場、その先に剣崎、はるか遠くに房総半島を望みます。

かすんでますが、遠くに見える山で一番左側のつんと突き出た山が鋸山です。

051407 城ヶ島といえば北原白秋。公園を下りたところには白秋の歌碑と記念館があります。

ここからバス停まではあとわずか。再びバスに乗って三崎港を目指します。

マグロ食べるだけじゃフリーきっぷ勿体無いもんね

グルメついでの旅でした。

よろしかったらポチ応援のほどお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年5月13日 (水)

三崎のマグロを喰らう~その前に城ヶ島散策

051301 今回は、京浜急行が発行するお得なきっぷ「三浦半島フリーきっぷ」を使って、三崎港へマグロを食べにいきましょう。

片道900円かかる品川~三崎口間の往復乗車券に加え、鎌倉、逗子、横須賀エリアの指定バス路線が乗り放題というお得なきっぷです。2日間用2000円と1日用1900円があります。

051302 私鉄最速の120km/hで飛ばしまくる「歌う電車」2100系快速急行に揺られ終点の三崎口に到着。ここからはバスでの移動となります。

そのまま三崎港を目指してもよかったのですが、せっかく来たので三浦半島の先端、城ヶ島を目指すことにしました。

051303 三浦半島の幹線道路はいつでも混んでる国道134号線。これはいつものことなので諦めるしかありませんな。

でも車で来た方はこの渋滞を抜けたあとも駐車場探しという試練が待ってます。

お疲れ様。

051304 城ヶ島へは橋一本で地続き。三崎口駅から約30分の道のりです。

この城ヶ島大橋は歩いて渡る事も出来ます。高所恐怖症の私は難儀するでしょうな。

051305 終点の城ヶ島バス停を降りると、こういった浜焼きのお店が立ち並びます。

匂いにつられてつい衝動買いしちゃうんですよね。

051306 売店の立ち並ぶメインストリート(?)を抜けると…

海じゃ~~!!

地磯になっているこのあたりは釣りをする方が多く見られます。メジナなんかが釣れてたみたいですね。

051307

磯から見上げるとこんな風景。ウルトラセブンに出てくる宇宙人が秘密基地なんか作っちゃいそうな風景です。

051308 奇岩、「馬の背の洞門」。

自然が作り上げた芸術作品です。

城ヶ島はほぼ全周が岩場なので、このような奇岩があちこちに点在します。

このあたりでちょうど城ヶ島を半周したところでしょうか。

続きはまた次回。

お気に召しましたら1クリックお願いしますだ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年5月11日 (月)

今時の原宿事情~Forever21は経済効果をもたらすのか?

世の中不景気とは言いながら、GWなどは高速道路のETC割引効果などもあって、国内旅行に出かけられた方も多いようですね。

こんな時の特効薬はやはり内需拡大。国内でお金を落とせば経済が活性化する、大変いいことです。政府もいろいろ言われながら頑張ってると思いますよ。

ところで、原宿に行って来ました。

若い頃からあまり近寄りたくないエリアでしたが、このところアメリカのブランド「Forever21」が日本初上陸ということで、火事場見物に行ってまいりました。

Dsc00001

表参道をラフォーレ前で竹下方向に折れると、前に進むことが出来ないほどの人だかり。

これみんなForever21と、その隣のH&Mを目指す人たちですよ。行ったのは先週の土曜日ですから、開店後早々の休日ということでこんな有様だったのでしょう。

Dsc00002

勇気を出して人ごみに飛び込んでみましたが、若い息吹に圧倒されて息切れしそうになっちゃいました。こんなおっさんが店に入っていったら不審人物扱いされて追い出されそうですな。

Dsc00003

一方こちらはちょっと前の名所「表参道ヒルズ」。

ご覧の通り今は落ち着いてご覧になれます。もっとも値段が高くて私なんぞはご覧になるだけでおしまいです。

今までで一番疲れた取材だったかも?

でもこういったことがきっかけになって日本経済、立ち直ってくれるといいですね。

正直命がけでした。

お褒めのポチなどいただけたら浮かばれます

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年5月10日 (日)

ココットカレー@紅花(日本橋)

今年最高気温を記録した今日ですが、いよいよ初夏の装いですね。

暑い日には、辛~~~いカレーなどいかがでしょう?

今日ご紹介するのは、鉄板焼のお店として名高い紅花さん。ここのランチはかなり充実しております。

中でも人気なのが、ココットカレーでしょう。

2009429

壷に入ったチキンカレールーと大盛りのご飯(更にお代わり自由)+サラダが付いて1575円(税込み)。ボリュームもさることながら、とにかく辛いこと。食べ進むうちに汗がだらだらと流れ落ちる辛さです。ところがそれでいて具材のチキンの味はしっかり食材の味。単に辛いだけでなく、食材の味を邪魔しない辛さです。

200942901

基本はチキンカレーですが、シーフードもあります。辛さではシーフードの方が上かな?という感じかな。

平日は近隣オフィスのビジネスマンで昼時はかなり混み合いますが、土日は比較的ゆっくりできると思います。

カレー色のイメージですが…

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

箱根日帰りツアー完結編

Dsc00001 大涌谷で寿命延長作業を終え、ふたたびロープウエイに乗って最後の観光ポイント 芦ノ湖 を目指します。

Dsc00002 ロープウエイを降りたらすぐに港。

何故か海賊船の格好した船が待ってます。

これも箱根フリーきっぷで乗船可能です。

Dsc00003 航路は40分ほど。キャビンでくつろぐも良し、デッキで風に当たるも良し。

キャビンでは海賊のコスプレしたおっさんが一緒に写真を撮ってくれて、出来上がりが気に入れば1枚1000円で売ってくれます。

全然売れてませんでした。

Dsc00004 やがて箱根町に到着。

正月に行なわれる箱根駅伝の往路ゴール地点です。

港には箱根駅伝記念館があります。今回は時間の都合で見学できませんでした。駅伝好きの私としては是非リベンジしたい場所です。

Dsc00005 箱根町から箱根新道を経由するバスに乗ると湯元はすぐ。

ここで電車の発車時間までお土産を物色したり、日帰り温泉に入ったり、最後の悪あがきも出来ます。

Dsc00006 帰りのエスコートはHi-SE。

ハイデッカー構造のため入口にあるステップが災いして、バリアフリー基準に適合していないようです。

座席はリクライニングでないものの居住性は抜群。新宿までの乗車を快適に過ごせます。

Dsc00007 Hi-SEのデビューは昭和62年。その頃ってビン入りのドリンクが主流でしたっけ?

懐かしいアイテムでした。

Dsc00008 日帰りで決行した箱根ツアー。いかがでしたでしょうか?

グルメ、温泉、観光を駆け足で満喫できた弾丸ツアーだったと思います。

箱根フリーきっぷは、今回の行程の全ての交通機関が利用できて、新宿発着5000円のお得なきっぷです。

ポチの方もヨロシクお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

1個食べると7年長生きのスグレモノ~箱根大涌谷の黒たまご

強羅からケーブルカーに乗って約10分、終点の早雲山でこんな小洒落たロープウエイに乗り換えです。

050701

やがて目の前に富士山がずどーんと現れます。そりゃそうだ、ここらへんは富士箱根国立公園ですからね。

050702

やがて眼下には温泉採掘場の無機質な風景が広がります。高所恐怖症の私には“ひょえ~”な高さですが、乗客の殆どが“ひょえ~”を連発してたので、相当怖い高さなんでしょう。

050703

終点の大涌谷駅に到着。ここから大涌谷に向かって遊歩道を歩きます。あたり一面硫黄の異様な匂いが立ち込めています。

050704

ここが箱根の源泉、大涌谷です。強烈な硫化水素ガスが発生することもあり、そのときは立ち入り禁止になるエリアです。

緊張感の中、目的のタマゴをゲットに向かいます。

050705

これがその幻の秘宝、黒たまご。

1個食べると7年長生きという伝説があります。

5個+お塩が入って500円。500円で35年の寿命を手に入れることになります。

050706

中身はこんな感じ。要するに殻のカルシウムが硫黄と反応して硫化カルシウムとなっただけのことです。

050707

殻をむけば、普通のゆで卵、味はほんのり硫黄の香りがしみこんでいます。

よっしゃ、これで7年長生きだぞ。

毎日これを食べてるはずの売店のおばちゃんは一体何歳なんでしょう。見たところ1000年は軽く生きてるような風格でした。

050708

さて、延命の儀式も済んだところで、また移動を開始しましょう。

この黒いバナーをクリックすると7年長生き出来ます

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

桑田佳祐 アベーロード(?)

桑田佳祐さんの番組、音楽寅さんをご覧になった方も多いと思いますが、前回の番組は秀逸でした。

なんせあのBEATLESの名盤「アビーロード」をパロって桑田ワールドを展開しちゃうんですから。

単なる空耳の替え歌というだけでなく、風刺を交えた統一テーマを織り込んじゃってるのがすごい。まさに日本語のマジック。桑田さんが日本人でよかったと思える内容でした。

この番組、始まるや否や「桑田佳祐追悼特別番組」なんてタイトルつけるから、びっくりした視聴者の方も多かったんじゃないかと思います。(私もです)

この「アベーロード」も政界風刺や社会風刺の色濃い歌詞で作り上げましたが、一貫して言えるのは、桑田さんはビートルズを愛していること、それと日本を愛していることが垣間見えます。

桑田さんのふんどしで相撲をとるようですが

是非1票

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

箱根 貸切温泉の宿~お風呂編

強羅館さんでの昼食は絶品でした。仲居さんがおっしゃるには、昼時だからといって素材や仕込みを手抜きすることはなく、どれも一生懸命作りましたとのこと。

自信に満ちた食事だからこそ、一層美味しく感じるんでしょうね。

食事が終わるとお風呂へ案内されます。

ここ、強羅館さんは、男女別の大浴場のほか、2つの貸切風呂があります。

あらかじめ予約するのが無難ですが、平日でしたら予約なしでも入れることもあるそうで、お風呂からの眺めはこんな感じ。

050501

強羅駅前という環境にあるため、やや目隠しの竹塀が高いですが、正面に大文字山が見えて、外気も充分取り入れられています。小さなお子様を連れたご家族や、カップルにはもってこいですね。

温泉の泉質は炭酸カルシウム・食塩泉・硫黄泉あたりでしょうか、味はややしょっぱく、体にピリっとする感じ、温度もちゃっと高めですが、外気に触れるとさっと冷めますので、何時間でも浸かっていられるでしょう。

050502

しかしながら何時間も浸かっているわけにも行かない日帰り旅行なので、次なる目的地を目指し、強羅駅からケーブルカーに乗り込みました。

今回はちょっとためになる温泉情報だったでしょ?

ご褒美ちょうだい

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

箱根 貸切温泉の宿~お食事編

箱根、強羅館さんに到着すると、宴会部屋のような大広間に通されました。

Dsc00001

今回のプランは、昼食+貸切露天風呂+大広間での休憩のコースなので、当然大広間に通されるのですが、部屋での休憩プランも設定されておりますので、そちらをチョイスすることも出来ます。但し料金は若干割高になりますけどね。

Dsc00002

ほどなく、昼食の用意が出来ましたと言われ、食堂に案内されます。こちらはお通し、こんなメニューを見てるとビールを飲みたくなっちゃうので、当然追加オーダーですよね。

Dsc00003

横っちょに付いてる焼き物はなんじゃらほいと蓋を開けてみると、おぉ!なんという贅沢なお肉!!

聞けば足柄牛の陶板焼きとのことではござんせんか。

メインディッシュが楽しみですが、その前にまだまだ前菜が続きます。

Dsc00004

さりげなく置かれたお造りは、ぼたん海老、中トロ、スミイカ、ホタテという取り合わせ。特に中トロは舌の上でとろける味わい。こんな山の中でこんな海の幸を楽しむことが出来るとは…

Dsc00005

茶碗蒸しもスゴイ。なんせ、具材に入っているのが女性の味方、コラーゲン満載のあの“フカヒレ”でございます。

Dsc00006

まだまだメインには行かせないわよ、と出てきたのが銀ムツの塩焼き。

脂が乗ってとろりととろける味わいです。

Dsc00007

そうこうしてる間に先ほどの足柄牛が“召し上がれ”状態に。

しっかり火が通っていわば“ウエルダン”状態ですが、口の中でとろけていくのがわかります。肉汁をご飯にかけていただくのも美味ですな。

このあとデザートのオレンジを賞味したところで昼食はこれまで。なんとも贅沢な内容でした。

あとはお風呂を堪能するばかり、そのあたりはまた次回。

と、まだまだ勿体つけちゃったりして。

この贅沢な料理、B級と言えるんだろうか?

まぁ、いいじゃんか、押してちょうだい

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年5月 2日 (土)

箱根 貸切温泉の宿~出発編

世間はゴールデンウイークですね。

今年は不景気とあって、旅行に出る方も少ないと思いきや、なかなかどうして元気ですよ、日本経済。

さて、そんなゴールデンウイーク初日の5月1日。ふらっと箱根へ行ってまいりました。

Dsc00001

箱根へ行くなら小田急ロマンスカー。異色のロマンスカー“EXE”に乗って出発。

Dsc00002

EXEの場合、「はこね」と「えのしま」が分割される相模大野駅で切り離しシーンが見られます。地元のチビ鉄が集まってきて写真をぱしゃぱしゃ。

キミたち、鉄道写真を撮るときストロボは反則なんだよ。覚えておくように。

Dsc00003

箱根湯本で登山鉄道に乗り換え。塔ノ沢~大平台では、さっき渡った出山の鉄橋を巡るパノラマが広がります。新緑が鮮やかでした。

Dsc00004

終点の強羅までは約40分の道程、途中ほとんど降りる人はいなかったので、立ちっぱなし。まだこの日はメーデーとはいえ平日だからよかったけど、休日は通勤電車並みの混雑です。

Dsc00005

強羅駅から徒歩3分、強羅館さんに到着です。

ここは、貸切の露天風呂があるお宿。日帰りでも利用できて、昼食付きや夕食付きのプランも用意されています。

今回はちょっと贅沢して、昼食+貸切露天風呂+広間での休憩(1人5500円)のプランを予約しておきました。

お昼とお風呂のレポートはまた次回

なんて勿体つけちゃって…

これを押して下さると、調子に乗っていいネタを書くかもしれません

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »