« 北関東フラワーパーク巡り@野鳥の森ガーデン | トップページ | 分福茶釜の里~茂林寺 »

2009年4月26日 (日)

横川サービスエリアでみつけたもの

久々に鉄道ネタで行ってみましょう。

上信越自動車道の横川サービスエリアの上り線で、こんなもの見つけました。

Image2691

「峠の釜飯」のおぎのやさんが、JR九州より貰い受けたキハ57の運転台に手を加えて休憩所として置いたもののようです。

Image2681

急行「志賀」の湯田中行きは、昭和37年頃の設定のようです。当時アプト式だった碓氷峠を越えていた列車ですね。

サボ右側の溶接痕でわかるように、運転台は実物、客室部分は継ぎ足しのようです。

Image2711

回りも横川駅の雰囲気を作り出しています。車体の裾折れが角ばっているのはご愛嬌でしょう。

キハ57はキハ82の台車を流用したものですが、この状態だとキハ58と見分けが付かないですね。

Image2701

車内はこんな感じで再現されていました。向かいにあるおぎのやさんの売店で釜飯を買って、ここで食べれば往年の碓氷越えの雰囲気が味わえるかも?

見る人が見れば、矛盾を発見してしまうのでしょうが、横川にこういった形で碓氷峠との闘いの歴史がまたひとつ残るのであれば、大いに歓迎すべきモニュメントではないでしょうか。

携帯のカメラで撮影したものですので、画像のお見苦しい点、お許し下さい。

お気に召しましたらポチっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|

« 北関東フラワーパーク巡り@野鳥の森ガーデン | トップページ | 分福茶釜の里~茂林寺 »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇ、形式などどうでも、雰囲気が充分に伝わります。継ぎ足し部分があるとしても、こんな老後を送れる廃車両はいいですよね・・・

投稿: | 2009年4月26日 (日) 21時40分

これ雑誌に載ってましたね。前面だけホンモノと言うのもご愛嬌ですけど、キハ57を選んだところにはこだわりを感じますね。アプト式区間を通過する条件として、空気バネじゃなきゃダメだったんですね。
逆に粘着方式になってからは空気バネをつぶさなきゃいけなくなったとは何の因果でしょうか。
昨日も今日もW入れときます。

投稿: キハ181つばさ | 2009年4月26日 (日) 22時46分

お久です(^O^)/

おぎのやさんは駅前しかなかなか行けませんが(ドライブインって一回しか行った事ないです)、こういうのがあると立ち寄りたくなりますね。
そして「急行・湯田中」も知らないです。
長電に乗り入れてたんですか?←無知

投稿: 瑞穂 | 2009年4月27日 (月) 00時13分

ごぶさたです。
これが設置されたニュース、ネットで見ました。
ディーゼルカーが碓氷を超えていた時代を知らない私としては、特急あさまの車両の方が良かったなぁなんて思うのですが。
この連休中の家族旅行で横川SAを通る予定なので、立ち寄れれば見に行ってみるつもりです。

投稿: テツハハ | 2009年4月27日 (月) 12時17分

急行志賀は169系の時代に乗ったことあります。確か夜行だったかな。
スキー場のある志賀高原までは、バスに乗り換え結構な時間を費やしたような思いがあります。
信越線で役目を終えたキハ57は中央線のアルプスなんかで使われてましたね。その後九州まで行っちゃってたんですか。

投稿: line | 2009年4月27日 (月) 14時39分

>舞様
同じキハ58系統でも、青森で見たものは悲惨でしたね。ここ横川SAのものは、釜飯のおぎのやさんの好意で置かれているようです。碓氷峠とともに歩んだ峠の釜飯なればこそ、思いも熱いものを感じます。

投稿: take | 2009年4月27日 (月) 23時35分

>キハ181つばさ様
碓氷峠のイメージは、お尻にじかに響いてくるジョイント音でしたが、アプト式の頃は想像するしかありません。
キハ57で、なおかつ急行志賀というこだわりは、おぎのやさんの鉄魂でしょうか。

投稿: take | 2009年4月27日 (月) 23時38分

>瑞穂様
志賀は新幹線開業まで走り続けてましたね。昭和37年から湯田中に乗り入れるようになったようです。実は私も169系になってからしか知らなかったんですよ。

投稿: take | 2009年4月27日 (月) 23時40分

>テツハハ様
DCの碓氷越えは、キハ82の白鳥なんていうのもあったんですよ。
横川SAに行かれるのでしたら是非ご覧下さい。ちょっと笑えます。
そうそう、上り方面のエリアですから、軽井沢方面に寄ってもありませんよ。

投稿: take | 2009年4月27日 (月) 23時43分

>line様
アルプス+こまがねの二階建てでキハ57が充てられていたことは記憶しております。
九州に行って、また戻って来たんでしょうかね。でも運転台だけだからタネ車は58かも知れません。その辺見落としてました。

投稿: take | 2009年4月27日 (月) 23時45分

車両の前面が実物ってのが、やってくれますね。素晴らしい。
柱に付いている、駅名板、行き先板なども凝ってます。
道の駅などにも、こういった設備があったら楽しそうです。

投稿: シービー | 2009年4月28日 (火) 22時15分

>シービー様
やはり横川という場所柄、鉄道と無縁というわけには行かないようですね。
今回は車両部分しかお出ししてませんが、実は回りも往年の横川駅を再現したアイテムが満載だったのです。

投稿: take | 2009年4月29日 (水) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/44802696

この記事へのトラックバック一覧です: 横川サービスエリアでみつけたもの:

« 北関東フラワーパーク巡り@野鳥の森ガーデン | トップページ | 分福茶釜の里~茂林寺 »