« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

ブログ、お休みさせていただきます。

いつも『E旅☆B食☆日々Do楽』をご覧いただき、ありがとうございます。

突然ではございますが、1月末を以って、ブログをしばらくの間お休みさせていただきます。

まず、一番大きな理由ですが、パワーがなくなってしまったこと。記事更新には結構な神経を使うもので、ネタを拾わなければならないプレッシャーやランキングポイントの好不調などのストレスというのは結構精神的なダメージとなっているようです。

もう一つは、このところ少々仕事の方が忙しくなってきたのもありますが、パソコンの使用頻度が上がり、視力が大きく低下してしまいました。このため、家でのパソコン使用を控えざるを得ない状況です。

甚だ勝手ではございますが、あくまでも「休止」ということで、いつかまたひょっこりと帰ってくるつもりです。

とりあえず、わがまま言わせて頂き、申し訳ありません。今度帰ってくるときは更にパワーアップして帰って来たいと思いますので、その節はよろしくお願い致します。

ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

増えてました。ブログ村バナー

いつの間にかブログ村のJR・国鉄バナーがこんなに増えてました。

カラフルだなと思ったので並べてみたんですけど

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ

ただ、それだけのことです。

ちなみにどれか押していただけたら嬉しいんですけど。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年1月27日 (火)

鉄道博物館@ランチトレイン

Dsc00001 昨年8月より、鉄道博物館ヒストリーゾーンの屋外に4両の183・9系電車が置かれています。

中ではお弁当を食べることが出来るんですね。

気に入らないのはヘッドマークが向こう向きで見えない点、床下にクーラーの屋外機が置いてある点ですな。

Dsc00002 横サボには往年の愛称が点灯してます。

あずさ、わかしお、が確認できました。あと2両は立ち入り禁止エリアにサボがあったので確認できません。

ふぅん

と思って見ただけなので、中に入るのを忘れてました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

京急大師線 丑ヘッドマーク

先日、シービーさんのブログで紹介されていた、京急大師線のヘッドマーク付き車両に対面してまいりました。

Dsc00001 川崎へはフィットネス遠征だったのですが、時間があったので川崎大師でもお参りしてみっかと大師線ホームに降りた時、こやつが停まってました。

Dsc00002 川崎大師では1000系にもお会いできました。

よくよく見たらHMの種類は何種類かあるみたいですね。

Dsc00003 1500系はここでも沢山来ますわな。

あらま、トップナンバーだわよ

Dsc00004 参道にあった京急売り場。

大師線も通称「ダルマ」の800系なんか走ったらしゃれっ気あっていいのにね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

東京駅の状況(今日の富士ぶさ 2009.1.25)

Dsc00001 残りわずかとなりました富士ぶさですが、たまたま今日、程よい時間に東京駅を通りかかったので、どんなことになってるかいなと覗いてみました。

ホームに上がると、いるわいるわ。

鉄、鉄子、撮り鉄、音鉄、見るだけ…

Dsc00002 発車時刻が近づくにつれ、人がどんどん増えてきます。

その間もストロボの嵐、&ホームを駆け回る人、白線無視して撮る人等、熱心な方々がいらっしゃいました。

(彼らにマナーレスといっても通じそうもないので、このような表現になります)

Dsc00003 プラチナチケットをゲットして乗車することが出来た方は、誇らしげに補助椅子からホームを眺めておられます。

(てゆーか邪魔なんですけど。それに別に羨ましくもないんですけど)

全てのホーム側補助椅子はこのようなカゴの鳥さんたちで埋まってました。

Dsc00004 ま、こんなもんでしょうかね。これから2ヶ月、まだまだヒートアップするんでしょう。

サヨナラ運転当日、死者が出ないように願ってます。

おっと

黒なんて縁起でもねぇ

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

そろそろ空いてるかな?鉄道博物館

Dsc00001 空いてましたよ。鉄道博物館。

入館したのは11時頃でしたが、比較的どの場所もスムースに見ることが出来ましたね。一頃ほどベビーカー押したママさんたちも数は減ったようで、小学生くらいの子供連れが多くなったようです。Dsc00002

今回は、ジオラマも落ち着いて見ることが出来ました。

開演時間前に並ぶのですが、以前は「はい、ここまで」と行列を切られたものですが、今回は若干空席もあるほど。

Dsc00003 ヒストリーゾーンからラーニングゾーンへの2階通路に201系のモケットが置いてありました。

以前来た時はなかったと思いますが…

Dsc00004 現在特別展示で開催されているのは「電車特急50年展」。

東海道本線の特急「こだま」デビューから今日までの特急電車の歩みを綴ります。

電車特急マニアにはたまらない展示物が盛りだくさん、撮影禁止なのでご紹介できないのが残念。

Dsc00005 そうそう、今回新発見したのが、ヒストリーゾーンにあるED75のヘッドマーク。

正面は引き続き「あけぼの」なんですが、反対側にちゃっかりこんなのがついてました。

いかがですか、今なら比較的ゆったり見れますよ。

シミュレーターはあまり興味はないのですが、売りのD51シミュレーターも空きがあるようです。

まだ行ってないやとおっしゃる皆さん。

そろそろいい頃合ですよ。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年1月23日 (金)

今日の常総線(2009.1.23)

Image1391_2 小絹駅ででくわしたこんな車両、そういえばこのカラーは初乗車だな~と思っていたところ、一緒にいた当社の重役さんの一言

「お、昔の川越線みたいのが来たね」

とりたてて鉄でもないその方の一言にちょっぴり嬉しくなりました。

週末は小ネタですが

よろしければお一つ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

餘部橋梁とエーデル鳥取・はまかぜ

012201 2010年に新橋梁に代わる餘部橋梁、明治45年の竣工以来鉄道ファンにとっては絶好の景勝地として君臨してまいりました。

関西に住んでいた頃、仕事でしばしば下を通る国道178号線を走ることがあったんですが、ついに本格的な撮り鉄をしないままに転勤になってしまいました。

たまたま列車に遭遇したので撮っておいた写真が2枚だけありました。

98年9月12日、漁港側から「エーデル鳥取」。

Cimg0240 こちらは反対側からキハ181系「はまかぜ」。

過去にこの鉄橋から回送列車が転落し、下の工場で働いていた方の命を奪うという悲惨な事故もありました。

地元の人にとっては、その忌まわしい思い出や、老朽化した橋梁から落ちる鉄錆、上を通る列車の騒音など、必ずしも名所といった意見ばかりではないようです。

今後、旧餘部橋梁が保存されるかは不明ですが、ファンの思い出にはいつまでも残っている風景でしょう。

バナーが増えたので、ちょっと珍しいこんな色

ポチポイントは変わりませんが、一発お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

キャベツ畑と銚子電鉄

Dsc00001 昨日の続きは鉄ネタです。

「海辺里」さんでお昼を堪能したあとで銚子方面へ。

踏切が鳴ったのでふと見ると単行の列車がひょっこり。

ここは犬吠~外川間、数分で折り返してくるなと思ったので、車を止めて待ってました。

ひょんなことから銚子電鉄走行写真初撮りでした。

鉄ネタ、久々でしたね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

海辺里@飯岡

Dsc00001 千葉県は九十九里の入口、飯岡町。飯岡漁港を見下ろす高台にある「海辺里(うみっぺり)」さんは、銚子漁港で水揚げされる新鮮な海の幸が手軽に味わえるお店、平日、休日問わず、昼時には駐車場が一杯になる人気店です。

アンコウ鍋などの鍋物もそうですが、何と言ってもここのお薦めは「さば寿司」。特にこの極上さば寿司は、肉厚充分、脂が乗ったぴちぴちのさばを味わえる逸品です。

Dsc00002 もうひとつが、こちら、さんま寿司。これまたさば寿司同様肉厚のさんまが丸々一尾乗った寿司です。

さば寿司は定食で1400円(極上さば寿司定食1600円☆お薦め)

さんま寿司は1300円。お値段も手ごろ、ボリューム満点。

それに加えて私にとっては思い出の店なんです。

私的なことなんで教えてあげない。

別に知りたかね~よ

でも美味そうだから押してやっか

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

【上盤選】 Someday/佐野元春

011701 先日、「行列の出来る法律相談所」の中で、トライアスロンに挑戦する東野幸治さんが勝手に自分で選んだテーマ曲として、「Someday」を上げていました。

我々世代にとっては思い出深い曲ですよね。

当時大瀧詠一を聞きまくっていた私が佐野元春を知ったのが「ナイアガラトライアングルvol.2」でした。

やがてリリースされた、このSomedayというアルバム。

ナイアガラトライアングルで勢いに乗る佐野元春は既にシングル「Someday」をリリースしており、これを含んだ形でのアルバム発表となりました。

音的には、ブルース・スプリングスティーンの影響を強く受けてる印象ですが、アルバム全体がかもし出す雰囲気が統一されていて、人気に媚びる姿勢など微塵も見られません。

Someday発売後、佐野元春はアメリカへ移住し、次のアルバム「Visitor」では当時まだ日本ではなじみのなかったラップを取り入れた音楽を紹介したり、ロックといろいろな音の融合を目指しました。

何度かライブも見ましたが、キレのあるパフォーマンスにぐいぐい引き付けられた記憶があります。

にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

14年経つそうで ~ 阪神大震災の記憶

1月17日は、関西に住む(住んでいた)方々には忘れられない日でしょう。

14年前の今日、神戸を中心とする地域を襲った震度6強の激震は6000人もの命を奪う大惨事になりました。

世に言う「阪神大震災」

その頃、私たちは阪急神戸線、武庫之荘駅近くのマンションに住んでいました。

まだ布団の中にいた時間、下から突き上げられるような振動で、一瞬からだが宙に浮いたところで目がさめました。

その揺れはさらに回転するような動きに変わり、台所の食器棚をなぎ倒してやがて大きな横揺れになりました。

よくこんな状況を覚えているもんだと思うくらい冷静だったんですよ、実は。

揺れがおさまって、まず行なったのが、水槽があふれて飛び出した金魚の救出。

ジッポのライターの明かりが頼りでした。

次に、断水を想定したのでしょう、風呂の浴槽になみなみと水を張ったこと。

断水後もトイレは流せました。

明るくなってからは、目の前を走る阪急神戸線の電車が走っていないことを確認。

会社にはいかなくてもいいなと思いました。

こんなのんきな震災対応をしていた我が家も、わりと早く復旧した電気によって見たテレビに映る映像に、「ひょっとして死ぬとこだったんじゃないの?」と戦慄しました。

その後、刻一刻と増えていく被災者の数を聞くたびに、「生きててよかった」を実感しました。亡くなられた方、今でも精神的ダメージから立ち直れない方、たくさんいらっしゃると思います。この現実は忘れてはいけません。

天災は、忘れた頃にやってくる、とか備えあれば憂いなしとか申しますが、皆さんちゃんと対策してますか?

ウチのブログのお客様のぽん さんが震災対策について秀逸な記事を書かれておりました。

まさにその通り、水のない避難所のトイレは悲惨な状態でした。

未曾有(みぞうゆう?)の災害が訪れた時、多くの人が命を落としますが、生き延びるためには、常に日ごろの危機意識が重要ですね。

できればこんな経験は今後一生したくはないですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (16) | トラックバック (2)

2009年1月15日 (木)

キハ181つばさ~酷似した2枚の写真

別にこちらのブログの管理人さんを呼び捨てにしてるわけじゃござんせん。

先日シービーさんが公開されていたキハ181つばさの写真を見て、あれ?と思いました。

実は私も同じような場所で同じような構図の写真を撮ってたんです。

これなんですけど…

181dc2 シービーさんの写真(上にリンクしたから見てちょうだい)とそっくりでしょ?

違っているのが私のがキハ181-13、シービーさんのがキハ181-12なので、同じ日ではないことが明確ですが、ただでさえ13番線に入線することが珍しい「つばさ」をお互い同じような場所から撮影していたとは、シービーさんと私は目に見えない運命で結ばれていた気がしてきました。

出来れば女性に対してこんな話を書きたかったんだけど。

そういえば最近、私もギャグに精彩を欠くようになった気がする…

運命の二人に祝福のポチを!

寒っっ!

というわけで寒い色のバナーです

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

愛の世代の前に/浜田省吾 【鉄ネタです】

トレードマークはサングラス、いまだ一度も素顔を見せたことがないカリスマミュージシャン浜田省吾。1970年代にデビューして以来今日までトップアーチストの座に君臨しつづけています。

いずれ【上盤選】にも取り上げると思いますので、ハマショーについてのお話はこれくらいにして、今回はハマショー主演の鉄道ビデオです。

主演;浜田省吾

共演;中央線201系、埼京線205系、山手線205系、総武線E231系、湘南新宿ライン185系

その他、代々木界隈の通行人の皆さん

どっちでもいいや

押して

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へにほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月12日 (月)

「ふるさと祭り東京」へ行ってきました

Dsc00001 今日は成人の日、あちこちに振袖姿のお嬢様が見られましたね。あたかも「あたし、二十歳よ~」とアピールしてるかのように。

新成人の皆さん、おめでとうございます。私たちの屍を踏み越えて、立派な日本を造っていってください。

そして、たぶん夕方あたりのニュースに登場するであろう「お馬鹿ちゃん」たち、もういちど小学校から行きなおすか、いっそ死になさい。

Dsc00002 今日は、東京ドームで開催されている「ふるさと祭り東京」へ行ってまいりました。嫁がどこからともなく招待券をGETしてきまして、普通入場料を見たら1500円とのこと、「タダだったら行くべ」ということになりました。

Dsc00003 会場中央には青森県五所川原市の伝統芸能「立ちねぶた」が鎮座し、その周りで各地の名産品の即売、手前側のステージでは各地の伝統芸能を演舞するという催しのようです。

到着したのが10時過ぎ、開場してまもなくでしたが、すでにご覧のとおりの人の入り。

Dsc00004 もちろんスタンドで飲食も出来ますが、どれも値段が高いこと、入っていきなりのところにある青森十三湖のしじみラーメンは900円。

出展料も高いんでしょうから仕方ないですけどね。

というわけでリーズナブルな広島産焼ガキ(3個500円)

Dsc00005あとは兵庫県名産明石焼(500円)。関西に住んでた頃によくお世話になりました。

さすが本場、タコがでかくて美味い。

Dsc00006 時間が経過するごとに人の数が増えてきて、食のメッカ北海道のブースなどは身動きできない状況に陥りました。

Dsc00007 そこで私は祭りを離脱し、めったに入ることの出来ない東京ドームのグラウンドを視察することにしました。

1塁側ベンチ、ここで長嶋監督や王監督も采配を振るってたわけですな。

Dsc00008 ライトスタンドのフェンスからライトのポールを望む位置。

イチローはじめこのフェンス際でファインプレーを繰り広げたわけです。

思ったよりフェンスって高いのね。

Dsc00009 ライトポール際にあるブルペンへの通路。ここからリリーフカーに乗ってクルーンが出てくるわけです。そうか、レフト側に行けば「大魔神佐々木が出てきた…」と紹介できたわけだ、しまった。

祭り?関係ないね、こっちの方が野球大好き人間のあたしにとっちゃ貴重だよ。

Dsc00010 …と、グラウンドをほっつき歩いていたところを嫁に捕獲され、イベントの見学に。

一日に何度か伝統芸能を披露するようで、この時間は沖縄の「エイサー」の演舞でした。

本場のエイサーも見たことありますが、とてもハードな踊りなんです。

というわけで、人でごった返すグラウンド(この写真に見える通り)にはもう戻る気力もなく、ここで退散しました。

今回は招待券利用だったけど、入場料1500円払って果たして行くかな?

鉄ではないけどHOTな情報でした。

気が向いたら押してくださいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年1月11日 (日)

2009年 鉄始動 ~ 東武・東急・東京メトロ

おまっとさんでした。(待ってないか)

ようやっと今年初めての鉄ネタです。

先日、群馬へ出張した際に、りょうもう号の車窓からなんとなくいいんでないの?というポイントを発見、あらかじめ目星をつけておいたポイントへ本日ようやっと重い腰を上げ出動しました。

Dsc00001 現場は、東武伊勢崎線姫宮駅から東武動物公園駅方向へ約15分歩いたあたり。一面畑で、ちょうどヒガハスのようなロケーション。遠くに関東山地の山を望めますが、これと列車を入れるのは少々無理がありそうなので、編成・走行写真重視の形で撮ってみました。

この区間、東武・東急・東京メトロの3社乗り入れ区間でして、車種も非常にバラエティに富んでいます。

Dsc00002 まずは東武の車両から。

すっかり東武の顔となった100系スペーシア。JR新宿へも乗り入れを果たしました。長年、日光への集客を競ってきたJRと東武ですが、画期的なコラボです。

Dsc00003200系「りょうもう」号、トップナンバーでした。

伊勢崎線の特急で、平日の乗客はほとんどビジネスマン。私もよく利用します。

Dsc00004

6050系快速は本線車両の中で最も長距離を走る列車。会津・野岩鉄道へ乗り入れます。シーズンには「尾瀬夜行」としても使用され、セミクロスシートですがかなり座り心地のいい座席を持ってます。

Dsc00005 東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線乗り入れ用50050系。それまでのイメージを一新した斬新なデザインですが、オレンジのラインは東武の旧塗装色オレンジ+ベージュの復活です。

Dsc00006 こちらも半蔵門線・田園都市線乗り入れ仕様の30000系。東武の現行スタンダードカラーです。

Dsc00007 本線用10000系。8000系に代わり、東武の主力となっています。VVVFインバーター搭載の車両は特に10080系として区分されます。

Dsc00008 20070系は東京メトロ日比谷線乗り入れ用。他が4ドアであるのに対し3ドア(一部5ドア)です。

Dsc00009 私鉄車両としては最大両数を誇った8000系ですが、本線では徐々に数を減らしています。

Dsc00010 続きましては東急編。

最新型5000系は今後の東急のスタンダードとなりそうです。やっぱりE231スタイルですな。

Dsc00011 8500系。このあたりは高速で走るのでモーター音が豪快です。デビュー30年を超える古株になりました。

Dsc00012 最後に東京メトロです。

半蔵門線用8000系、1980年デビューですが、いまだに更新工事を続け、まだまだ現役を続けるようです。

Dsc00013 同じく半蔵門線用08系。東西線05系のデザインがベースとなっているようです。

この他にも東武特急用300系、メトロ日比谷線用03系なども現れますが、今回は遭遇できませんでした。

やっと鉄に帰ってきましたが、やっぱり冬の撮影は寒~~い。

冬眠はもうちょっと続きそうです。

鉄ネタさぼってたら大幅にランキング下がっちゃった。

やっぱり影響するんですかねぇ?

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年1月 9日 (金)

【上盤選】ROCK'N SOUL PART 1 / DARYL HALL & JHON OATS

4effd0b28fa0848bfa129110   週末恒例の【上盤選】、今回は80年代コンテンポラリーミュージックをリードした、ホール&オーツの作品です。

当時はソウル・ミュージックにジャンルされたホール&オーツですが、元々ソウルは黒人音楽を指し、彼らの音楽は白人によるソウルミュージック、「ブルー・アイド・ソウル」などとも呼ばれました。

ホール&オーツのデビューは意外に古く、1972年だそうです。1976年から「サラ・スマイル」「シーズ・ゴーン」「リッチ・ガール」と立て続けにヒットを飛ばしましたが、その後、何故かスランプに陥ってしまいます。

やがて80年代に入ると見事に復活、「キッス・オン・マイ・リスト」から大ヒット曲「プライベート・アイズ」「マンイーター」と立て続けに全米1位をマーク、人気を不動のものにしました。

意外なことに、これだけ全米№1ヒットを飛ばした彼らですが、アルバムチャートの1位というのが1枚もありません。この頃は、オリビア・ニュートン・ジョンやフォリナー、マイケル・ジャクソンといったスターが席捲していたハイレベルな時代だったんですね。

今日はこのアルバムの最後を飾る「Wait For Me(Live virsion)を取り上げてみました。

この「Wait For Me」は4年間のスランプの時期に発表された曲で、ベストアルバムには必ず収録されますが、全部がLIVEバージョンです。ダリル・ホールの抜群の歌唱力が光る作品ですね。

ちなみにダリル・ホール、桑田佳祐の「悲しい気持」と「いつか何処かで」でバックコーラスに参加してますよ。

lineさん、こんなところでよろしいですか?

あたしゃここにも参加してますわよ

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

お多幸@日本橋

Image0931 今日も食い物ネタです。

寒いこの季節、やっぱり恋しくなるのが「おでん」ですね。

熱燗できゅ~っとやりながらつまむ出汁の染みたおでん。見ているだけでも温まります。

日本橋 お多幸本店は創業大正13年の老舗。もともと銀座にあったお店がこちらに移転してきたものです。

Image0941 新橋や新宿にも店を出しているお多幸ですが、ここ日本橋でしか味わえないのが、この「とうめし」暖かいご飯の上におでんダネの豆腐が約一丁“でん”と乗っています。これにたっぷりの汁がかかったメニュー。

日本酒でほろ酔いの胃袋が優しく満たされていく逸品です。

時間によっては多少待つこともありますが、寒いこの季節、ぴったりのグルメでしょう。

また鉄ネタじゃねぇのかよ! ですか?

タイトル見て!

E旅☆B食☆日々Do楽

でしょ?

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

つるとんたん@新宿

Image1161 大阪に(厳密には兵庫県だけど)住んでた頃、おいしいうどんがいただけるということでお世話になってた宗右衛門町の「つるとんたん」さんが新宿にあったので、以前からいつか行ってやろうと狙っておりましたが、今回ようやっと訪問することが出来ました。

新宿は歌舞伎町の奥の方、先ごろ閉館になったコマ劇場の裏、ラーメン二郎さんのはす向かいあたりにあります。

Image1151 店内はおよそうどん屋とは程遠い雰囲気、高級クラブのような作りにバーテンさんのような店員さん。

なんか勘違いしてないか?

宗右衛門町のお店は木作りで質素な雰囲気だったけど、東京に出てくるとこうなっちゃうの?

注文はシンプルにきつねうどん。

通常関西ではきつねといえばうどんのことで、揚げの乗ったそばはたぬきといいます。 東京でいうところのたぬき、即ち揚げ玉の乗ったうどんやそばは、「ハイカラ」などと呼ばれます。

この写真では表現しにくいのですが、とにかく器がでかい。それに大判の揚げともちもちのうどん、やっぱり関西はうどん文化ですね。昆布だしが効いていて、関東風に味をアレンジしている風も見受けられません。

1 サイドメニューに鯖の棒寿司など注文。これときつねうどんでちょうどいいボリュームかな。

味は申し分ありません、さすが関西の名店です。カウンターもパーテーションされていて、落ち着いて食べることが出来ますが、やっぱりうどん屋さんは素朴な店の雰囲気がいいなぁ。

次回大阪に出張したら宗右衛門町か北新地のお店まで行ってみようかな。

いつになったら出るのか鉄ネタ。

それでも貼ってある「鉄道ブログ」のバナー

さて、あなたには押せますかな?

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

魚喰いの田@青森

Dsc00001 先日の青森弾丸ツアーのお土産をもう一発。

お昼の逸品のお話をしてませんでしたね。

青森駅前にある青森新鮮市場には、地物の海産物がいっぱい。当然こんな場所には美味い飯屋もあるなと物色したら、「魚喰いの田」にたどり着きました。

Dsc00002 せっかく遠くまできたんだから奮発して(何の根拠が…?)注文したのが、下北産うに、津軽湾産イクラ、北海道産真つぶ貝の三色丼+キンキのあら汁のセット(1650円)。

海鮮丼だから2000円弱は覚悟してましたがまずまずリーズナブルなお値段。

丼の方はイクラがやや多めでつぶ貝、うに共適当なバランス。ここでスゴイのが付け合せのキンキあら汁。

骨の周りのゼラチンやふんだんについた身が美味い~~!

キンキってこんなに美味しい魚だったっけ?まったく臭みがないし、骨まで食べつくしたいお味。

いや~、青森まで来た甲斐があったよ、(タダだけどね)

ただ、撮り鉄については駅撮りだし曇ってるしであまり成果はなかったんですけどね。(以前報告済み)

はてさて

今年に入ってから一度も鉄ネタのない鉄道ブログ。

皆さんこんなやつにポチを入れるんですか?

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

祝 Fe4結成1周年

長かった正月休みもいよいよ最終日となりました。明日から待ちに待った仕事ですよ。

んなわけないやん。

8連休9連休はあっという間ですね。

昨年1月5日lineさんつばささんと撮影会に出かける際、以前からブログでお邪魔していたシービーさんに声をかけたところ、快く参加表明していただき、ここにFe4が誕生しました。年末の総集編で振り返ってみると、去年一年間、かなり密度の濃い鉄活動(飲むだけの日もありましたが)をしてきたことに気付きました。

「ゆとり」の最後の見送り、土砂降りの銚子電鉄や鳥沢鉄橋、桜と201系、いろんな場所での富士ぶさ…

いろんな思い出がありますが、これがたった一年の間の出来事だったんですね。

ブログを通じて知り合った仲間ですが、ここまで密度の濃い鉄活動が出来たのはメンバーの皆さんのキャラクターのおかげでしょう。

抜群のリーダーシップでみんなを引っ張るlineさん

旧国鉄勤務ならではの専門知識と企画力で行程に奥行きを加えるつばささん

暖かいキャラクターと寒いギャグでムードを盛り上げるシービーさん

それぞれいろんな個性を持ったメンバーたちが、思い思いの手法で撮影を繰り広げた1年間でした。

夏のひたちなかでは舞さん、年末のオフ会では瑞穂さんと、女性の方々との交流も出来、まだお会いしたことはありませんが先日北海道支部長に水無月さんが(ほぼ一方的に)着任していただき、今後益々友達の輪が広がっていくと思うと、たかがブログ、されどブログですよね。0103011

昨年12月20日オフ会@武蔵小杉/チョリさんにて。瑞穂さんご夫妻+Fe4のコラボ。一年前は全く見知らぬ同士の面々です。

*瑞穂さんご主人様、正体不明のシービーさんとはぐれてしまった私を再び導いてくれてありがとうございました。

一応参加してるんですが、転落の一途です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

【上盤選】 大河ドラマ 篤姫

皆様、どのようなお正月をお過ごしでしょうか。

9連休とはいっても短いもので、残すところあと一日となってしまいました。

久々に音楽ネタ、行ってみましょう。

今回は、洋楽アルバムからちょっとはなれて、昨年の大河ドラマ「篤姫」のテーマ曲など。

毎年大河ドラマのテーマ曲はN響の演奏によりハイクオリティなものですが、殊に昨年の篤姫のテーマ曲は秀逸な出来だったと思います。

ブラームス的な弦の音に絢爛豪華なタイトル映像がマッチして、ドラマの雰囲気を盛り上げてくれました。

主演の宮崎あおいさん始め、出演者陣の好演も光り、視聴率が裏付けるようなヒット作品となりました。

さて今年は戦国時代もの「天地人」。軍師好きの私は当然直江兼続も好きなわけで、歴史ネタなんていうのも増えそうです。

おポチ玉、ください

にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年1月 2日 (金)

年のはじめは七福神

Dsc00001 年末から続くなが~い休みも、早くも半分終わってしまったんですねぇ。

寒いのが苦手な私はあまり外に出ることもなく、朝から箱根駅伝観戦ですわ。

ダニエル君の20人ゴボウ抜きやオリンピックランナー竹沢君の激走、前半だけでも見所満載で、レースに見入っております。

で、CMの間にこうして書いてますので、文章が支離滅裂かもわかりませんのでお許し下さい。

さて、去年に引き続き年の初めの七福神めぐり。東京にはいろんな七福神めぐりがあり、昨年は田端から上野に至る谷中七福神を回りましたが、今回は比較的家から近い「深川七福神めぐり」をチョイスしました。

スタートは富岡八幡宮。地下鉄門前仲町から徒歩5分の場所にあります。七福神めぐり以外にも初詣客で賑わうこの神社ですが、ここに祀られている恵比寿様は境内の裏にひっそりとありました。ここで色紙を買ってスタートです。

Dsc00002 弁財天を祀ってあるのは、富岡八幡宮から北へ徒歩5分、冬木弁天堂にあります。江戸時代、材木の豪商であった冬木さんの屋敷内にあった弁天堂だそうです。

Dsc00003 3箇所目は福禄寿が祀られている心行寺、冬木弁天堂から徒歩約10分、葛西橋通りと清澄通りの交差点をやや北上したところにあります。福禄寿は長寿を司る神様だそうで、そろそろ人生仕上げの年代にかかりつつあるので入念にお参りしました。

でも一番入念にお参りしたのは金運を司る恵比寿様でした。

Dsc00004 七福神めぐりにあたっては、各所で地図がもらえますが、このようにコースに沿って幟が立てられているので、これに沿って歩けば迷わないわけですな。

Dsc00005 大黒天は円珠院というお寺にあります。

やや住宅街を入ったところにありますが、幟を頼りに行けば迷うことはありません。

Dsc00006 円珠院から程なくして毘沙門天を祀る龍光院に出ます。

このあたりで、我々富岡八幡宮を起点としたグループと、逆周りのグループが交差するようになりました。

Dsc00007 このあたりから両国エリアに入ってきます。

両国といえば国技館、相撲のメッカですね。というわけで、あらま、こんな処に?という感じで相撲部屋が点在しています。

元寺尾関の錣山部屋発見。

Dsc00008 布袋尊は深川稲荷神社に祀られています。北の湖部屋が近くにあるので、北の湖親方からの日本酒の付け届けがありました。

町内会の方によって休憩所が作られ、お茶を入れていただけます。ここでちょっと一休み。

元日なので開いてませんでしたが、ここへ来る途中、深川江戸資料館や清澄庭園がありますのでちょっと寄り道してみるのもいいでしょう。

Dsc00009 深川は材木の町、このような運河がいたるところにあり、貯木場として使われていました。

Dsc00010 最後は寿老人を祀る、深川神明宮。逆まわりコースのスタート地点でもあり、結構混んでました。

深川神明宮はこのあたりで最も古い神社で、「深川」の地名の由来となった神社だそうです。

Dsc00011 これにて全ての御朱印も頂き、七福神巡り終了。

去年の谷中七福神は結構距離がありましたが、今回の深川七福神はゆっくり回っても約2時間程度、坂道も少ないので、お年寄りにも向いてますね。という私もそろそろお年寄りの年代なんでしょうか。

非鉄ではありますが…

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

010101 あけましておめでとうございます。

2009年もよろしくお願い致します。

昨年は記念(?)すべきFe4結成の年ということもあって、鉄分の濃い一年を過ごすことが出来ました。

今年も同様、ヘモグロビンの活性化をしたいところですが、ブログを通じて知り合った方々との交流を一層深めて、Fe5、Fe6なんてなればいいな~なんて勝手に思ってます。

(もっともメンバーの記事を見るたび引かれる方が殆どでしょうが)

また、そうして溜まったアセトアルデヒドも充分消化したく、健康面にも気を使っていきたいと思い、健康をテーマにした新ブログも立ち上げてみました。

2本のブログの両立はなかなか難しそうですが、マイペースで続けていきたいと思ってます。

それでは本年もよろしくお願い致します。

今年の初押し、お願いします

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (16) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »