« 久々、らぁめん達人@西葛西 | トップページ | 上盤選 Let it be »

2008年11月10日 (月)

光り物にも愛を

111001 私達が小さいころに話していた言葉は、今のような「チョー○○」とか「マジ△△」といったものではありませんでした。

私達が小さいころの遊び場は、広場や公園であって、今のようなゲーム機の前ではありませんでした。

私達が小さいころに走っていた列車は、今のようなギンギラギンでなく、茶色いおんぼろ電車でした。

111002 今、都市圏の列車たちは、みんなステンレスのボディを輝かせて、線の色こそ違え、皆同じような顔をして走っています。

我々鉄は、個性がないだとか、味気ないといって、つい敬遠してしまいます。

111003 昔の車両はよかった、と常々口にしますが、1872年に日本に鉄道が開通してからというもの、そのスタイルは変遷に変遷を重ねて現在の姿に至るわけです。

「つばめ」「こだま」「やまびこ」「とき」…

往年の名列車たちは今、新幹線というスタイルに姿を変えて現在を生きています。

111004 リバイバル車両に人が群がるのは、その車両が活躍していた時代に鉄道趣味がシンクロしていた人たちが、その車両が一線級に復活することは残念ながらないと知りつつも昔を懐かしんで集まるわけで、往時の鉄道の姿を垣間見て郷愁にひたっているわけです。

111005 今ある鉄道の姿と言うのは、これらの車両あってのもので、所謂「光り物」たちも、鉄道史の1ページを飾る歴史なんですね。

やがて彼らもどこかへ去っていく時がくるわけです。その次にどんな車両たちが歴史を飾るのかは想像できませんが、「光り物」だからといって毛嫌いせず、もっと記録を残してあげようよ、と最近思うようになりました。

「全ての鉄道に愛を」が、わちきのブログのモットーざんす。

ご賛同頂ける方、こいつをポチっとしてくだせぇ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 久々、らぁめん達人@西葛西 | トップページ | 上盤選 Let it be »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

おやおや心境の変化なんでしょうか。
かといっても、来るのはギンギラばかりですからね。
後は編成番号を撮りつくすって事ですかね。
青梅線などは、周りの風景を取り入れながら撮れば少しは違うかな。
JRもそうですが、私鉄も車両の変貌が激しいですね。形式とか全然わかりません。
今日はSポッチです。

投稿: シービー | 2008年11月10日 (月) 22時42分

タイトルはアレですが・・・そのままJR東日本のCMに使えそうですね。
銀色よりもむしろデジタル表示に嫌悪感があるのですが、これも時代の流れですね。また近いうちに常磐緩行線へ出撃を企んでいるつばさです。

投稿: キハ181つばさ | 2008年11月10日 (月) 23時06分

そうですね~
昔の電車は茶色が主でしたね。。
今のは綺麗でカラフルだから
私だったら名前が分らないから
色で覚えるだろうなぁ~^^;

投稿: オバはな | 2008年11月11日 (火) 13時50分

今回の記事に・・とても共感してしまった私です。
「すべての鉄道に愛を」・・素敵なコトバですね。(^^)
ポチッ☆彡

投稿: sara | 2008年11月11日 (火) 19時43分

わかりにくい・見間違えやすいっていうのは、サービス低下だと思ってます。ギンギラギンが不評だからって、本体の色と間違えそうな派手な広告を一面に描く列車も困ります。われわれおのぼりさんは、「赤い電車に乗って3つ目で乗り換え」なんてメモして出かけるんですから、山手線に真っ赤な広告がどーんと出たりしたら間違えるじゃありませんか。
全ての車両をかわいがる気持ちはありますから一票入れていきますけど。

投稿: | 2008年11月11日 (火) 20時25分

昔は色数を増やさず、カナリア色は総武線、南武線、鶴見線が共用してましたが、今は別色となってます。そう思うと、路線色が分かり易くなり乗る人にとっても良いと思いますね。
昔は同形式でも変化が見られたので、撮るのも面白かったですな。
今のやつは全編成全く同じというのが・・なんですよね。

投稿: line | 2008年11月11日 (火) 20時42分

>シービー様
きっかけは0系ですかね。43・10、50・3、53・10の白紙改正で次々と特急、急行を葬り去った悪役も、今や消滅しようとしていることに、時代の流れを感じるわけですよ。
純粋に鉄として、走ってる姿を残しておきたいだけですわ。

投稿: take | 2008年11月11日 (火) 23時34分

>キハ181つばさ様
写真に写りにくいところではLEDは厄介ですが、いろんな場面でお世話になってるわけですから、まぁそんなに毛嫌いしないで。
常磐緩行線といえばレア銀の207+06の2TOPですな。

投稿: take | 2008年11月11日 (火) 23時37分

>オバはな様
今でも大手町でオバはなさんと合流できたことが奇跡に思えます。なんといってもお土産預けた所もわからなくなっちゃったんですからね。
そんな方のために東京の電車は朱色は中央線、青は京浜東北線というように不動のカラーがついてます。
今度見えたら目印にしてくださいね。お嬢さんのところへ行くのはエメラルドグリーンですよ。

投稿: take | 2008年11月11日 (火) 23時42分

>舞様
たしかに度を超したラッピング車両はいただけませんね。特に山手線なんか乗客が多いだけに広告効果も高いのでラッピング車両、多いですけど。
目印としては辛うじて線の色に103系当時の色が残っているのが救いですかね。

投稿: take | 2008年11月11日 (火) 23時46分

>sara様
尊敬するJohn LenonのLove & Peaceが人生のテーマなので、やっぱりこれでしょ。
銀ギラだって好きでこんな形に生まれてきたのではないにせよ、毎日朝から晩まで休む間もなく走り続けてます。けなげじゃないですか。
いつか、彼らのことを思い出して、あのころの列車はよかったと思うファンもいることでしょう。

投稿: take | 2008年11月11日 (火) 23時49分

>line様
総武線に1編成だけE231-900がいるんですよね。こいつが来ると、近郊型のE231の発車音がするのでわかるんです。採番の仕方も1000番台、6000番台、8000番台なんてのが1編成に混ざっていて、ひょえ~な構成だと思うんですが。

投稿: take | 2008年11月11日 (火) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/43073548

この記事へのトラックバック一覧です: 光り物にも愛を:

« 久々、らぁめん達人@西葛西 | トップページ | 上盤選 Let it be »