« 11/22 臨時列車いろいろ | トップページ | ここはどこ?わたしはだれ? »

2008年11月23日 (日)

ふれあい鉄道フェスティバル@尾久車両センター(客車・電車編)

112301 絶好の天気に恵まれた11月22日、東京尾久車両センターに於いて“みんな集まれ ふれあい鉄道フェスティバル”が開催されました。朝の臨時列車を撮り終えたキハ181つばささんシービーさん&わたくしの3名も当然出陣、残念ながらもう一人のFe4lineさんは仕事の都合で参加できませんでした。

それほど大々的にPRしたわけでもないこのイベントですが、尾久駅を降りたところから怒涛の人、人、尾久駅改札付近は「新宿か?」と思えるほどの混雑でした。

112302尾久運転所に入るのは30数年ぶり、当時はふらっと出かけて「見学させてください」と言うと何組かのグループをまとめて案内してくれたんです。

この写真が当時のものですが、先頭を歩いてるヘルメットのおっちゃんは案内係、その後ろを同じように「見学させてください」という何組かのグループが続きます。

112303 このように現役の車両が休憩しているすぐそばを歩くことが出来るのでライブ感満点ですよね。

時にはモーターやコンプレッサーの音も聞こえてきて列車の息吹を間近に感じることができました。

こんな尾久運転所、今の尾久車両センターは鉄道ファンにとって聖地だったわけですな。

では話を現代に戻しましょう。

112304

会場に入るといきなり、今年3月に「さようなら」したはずの「ゆとり」が「こんにちは~」と迎えてくれます。

中間車はなく、両方の展望車のみの展示でしたが、秩父鉄道に譲渡されるという噂は本当なのでしょうか?

112305 検車庫の中にはおそらく今回一番人気であろうE655なごみ(和)がいました。

この塗装はいったいどうなってるんでしょうか?あらゆる光を乱反射してピッカピカになっちゃってます。撮り鉄たちにとっては難敵になりそうですね。

112306 つばささんが「イキなことやってくれるじゃん」と言ったのがこれ、カシオペアの予備電源車カヤ27。カハフE26の予備車として置かれていますが、殆ど運用につくことはありません。

112307 これまた今年3月に「さようなら」と言ったはずの「夢空間」が「こんにちは」と顔を出しました。

展望食堂車のオシ25-901、内装は東急百貨店が総力を結集してデザインした超豪華ダイニングカーです。

112308 休憩所として置かれていたのが高崎の43系旧客。中でお弁当を食べることができます。

ところがこの休憩所が大人気、休憩所に入るために行列が出来、12時近くなると「1時間待ちで~す」とのアナウンス。休憩するのを待つ間にぶっ倒れちゃいますわね。

112309 お座敷列車「宴」もいました。シー○ーさんは「またげ」とか言ってましたけど、ブログジャンルが違うのでスルーしといて…

いや~それにしてもすごい人でした。特にこんなとき無敵なのは子連れの主婦、カメラの砲列の前にずど~んと入ってきて子供の写真を撮るし、撮り終わってもなかなかどかないし、まだ鉄ヲタなんか可愛い方ですな。

客車、電車はこんな感じでした。今回すごかったのは機関車たちですが、その模様は次回お送りしましょう。

撮影の、というか人間としてのマナーをもうちょっと磨きましょうよ、みなさん。(私も含めて)

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 11/22 臨時列車いろいろ | トップページ | ここはどこ?わたしはだれ? »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
尾久には、入ったことはありませんが、
私も中学生の頃、東大宮操作場と津田沼電車区には、いきなり行って見学させてもらったことがあります。
今回のフェスティバルは、行けませんでしたが、大盛況の様子が伺えます^^
30年前の写真はいいですね。
20系に115系初期形に旧客ですか・・・。懐かしいです。
私もこの3連休に少ないですが昔の写真をスキャナしてみました。
そのうちに、ブログで公開してみようと考えてます。

投稿: やっぱり鉄道 | 2008年11月23日 (日) 20時38分

>やっぱり鉄道様
昔はひょっこり行って見学させてもらえましたよね。この手で尾久や品川はよく潜入しました。ロイヤルエンジンのデッキに上っちゃったこともありまして。
30年前だと車両は今ほどきらびやかではないですが、個性のある名車が揃っていたと思います。今回は確かに大盛況でしたが、子供連れ主婦の遊園地感覚の立ち居振る舞いには参りました。
スキャンの公開楽しみに拝見させていただきます。

投稿: take | 2008年11月23日 (日) 22時53分

2枚目(takeさん)の画像に、401系が顔をのぞかせてるの、イイですなぁ~。
高校時代、尾久客車区は見学できないって情報があったので、行かなかったんですね。
事故防止もあるのでしょうが、サボの盗難防止もあったのでしょうか。
またげは、takeさんが最初に言い出したのではなかったでしょうか。

事務所からのポチっと。

投稿: シービー | 2008年11月24日 (月) 10時31分

画質の違いもありますが、やはり時代差が感じられますね。写真も鉄道もって感じが伝わってきます。
私も尾久や東大宮は見学させてくれないと聞いていたので、尾久は入りませんでした。1度だけ「北星」のカニ22を撮りたくて、職員の傍まで行ったのですが、目の前にあるのにダメ、帰れ!と言われた悔しさは今でも忘れられません。

投稿: キハ181つばさ | 2008年11月24日 (月) 11時30分

尾久には見学に行ったことはありませんでしたね。まだ小学生の頃は大半の車両区や機関区が見学オッケーだったと思います。
高校の頃から事前申請とか駄目とか始まったような気がしますね。
またげって何ですか。同年代なのに分かりませーん。

投稿: line | 2008年11月24日 (月) 18時10分

>シービー様
2枚目なんて恐れ多い、あたしゃ3枚目のあけぼのならぬ「ばけもの」ですわ。
意外なことに皆さん尾久センは潜入してないんですね。
たぶんこの後何等かのトラブルがあったのかも知れません。401やでか目の115がそそりますよね。
私はメルヘンチックに「わたげ」と言ったのですが、兄貴がアレンジしてくれちゃったんですよ。

投稿: take | 2008年11月24日 (月) 19時09分

>キハ181つばさ様
当時の国鉄職員の対応だったら何となく想像出来ますね。対応に当たった人によっても対応が違うのでしょうか?
でも私も中学生の頃しか入ったことがないから、その後はやっぱり規制が強化されたのかも知れませんね。

投稿: take | 2008年11月24日 (月) 19時15分

>line様
切り込み隊長のlineさんでも尾久は入ったことがないんですか?ではFe4で唯一の生き証人はあたしってことですね。
またげとはですねぇ、lineさんの鼻の下についてるやつと同じような性質のものです。

投稿: take | 2008年11月24日 (月) 19時20分

こんにちは。ひさびさ登場のみゃあみゃあです。
私も尾久へは午後から出陣しました。「和」の展示は圧巻でしたね。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: みゃあみゃあ | 2008年11月25日 (火) 11時23分

>みゃあみゃあ様
ご無沙汰しておりました
午後からいらしたんですね。ちょうど我々とは行き違いだったようで。
和、実は初めて実物を見たんですけど、ややこしそうな車ですね。写真は難しそうです
今回私の一番のお気に入りはEF81-86のゆうづるでした。

投稿: take | 2008年11月25日 (火) 20時39分

こんばんは。
今年こそはと思いつつ、実家へ帰省していて行けませんでした。
21日の夜、尾久でゆとりの先頭車のシルエットが見えたのですが、まさかそれや夢空間が見られたとは…。
子鉄連れ母親は最近テレビで「ママ鉄」なんて言われて持ち上げられていましたからねぇ…勘違いしているのが多いのでしょう。こういう話を見聞きするたび、私も注意せねばといつも思うのですが。

投稿: テツハハ | 2008年11月25日 (火) 22時08分

>テツハハ様
普段ブログでマナーについて厳しいご意見を述べておられるテツハハさんであれば、このような立ち居振る舞いはしないでしょうが、世の中の親子連れは情けないくらい周囲が見えてないようです。
ゆとりや夢空間など、すでに過去のものとなった車両に会えたのは嬉しいですが、ちょっと妙な気分です。

投稿: take | 2008年11月25日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/43197622

この記事へのトラックバック一覧です: ふれあい鉄道フェスティバル@尾久車両センター(客車・電車編):

« 11/22 臨時列車いろいろ | トップページ | ここはどこ?わたしはだれ? »