« 高原列車は環境にやさしく | トップページ | ミーハータウン=激混み清里散策 »

2008年8月28日 (木)

環境に優しい高原列車に乗ってみる

082701 夏休みの間は「八ヶ岳高原列車」なる臨時列車が毎日(9月に入ったら土日)小淵沢~野辺山間を走り、この列車にキハE200が充当されることが多いようです。

ホリデー快速ビューやまなしが吐き出していった乗客のほとんどが、この列車に乗り換えるため、車内は首都圏のラッシュ時並の混雑、それでも根性でかぶりつきの場所をキープしました。

【かぶりつきの車窓から】前回、つばささんに「次は動画でしょ」と突っ込まれましたが、はい、そうです動画です。みえみえのブログ構成でも~しわけない。

清里を過ぎたら少しは空くだろうと思いきや、相変わらず騒々しい車内ですが、JR最高地点を通過するあたりを撮ってみました。気動車とは思えないくらい静かでしょ。途中でガキ(時折咳払いいてるやつがの前に割り込みやがったんです)がビデオに触って画面が切り替わりますが、お許しください。

082702 ご存知の通り、野辺山駅は、駅としてはJR最高標高地点にあります。(本当の最高地点は清里~野辺山間)

周辺にはいろいろな観光スポットがありますが、今来た列車で折り返しで~す。

【かぶりつきの車窓から】心配性の私は、帰り道もビデオに撮ってしまいました。行きの車内はごった返すわガキがうざいわで、満足の行くものではなかったもんで。

082703 というわけで、清里に着きました。といってもおっさんの私には俗化されたリゾートタウンはまったく興味はないのですが、ちょうど小腹も減ったし、乗り撮りばかりじゃ家族も飽きるしということで仕方なく降りたんですよ。

次回は清里お散歩記録など

煙となんとかは高い所に上りたがるとか申します。

私も含め、高原にはなんとかが多いですね。

そんなあわれななんとかの私に愛のポチを

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 高原列車は環境にやさしく | トップページ | ミーハータウン=激混み清里散策 »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

小淵沢で、小海線に乗り換える乗客!本当にシーズン中は多くて閉口してしまいます…。
そして、逆もありで、小海線からホリデー快速に乗り換える乗客も多いです!
もう少し車両を連結しないのかしら?といつも思うのですが、運用の都合でしょうか。
私はまだハイブリッド未乗です。
タラコ色気動車からキハ100になったとき、「お!」と思ったのですが更に上を行ってるのですね。

投稿: 瑞穂 | 2008年8月28日 (木) 21時18分

小海線未乗ですが、動画を見ていてカーブが多いなぁ~って感じました。
それとこの線路の上をC56が走っていたんだな~って。
画像二つとも堪能しました。
私もリゾート化は好きくないです。

事務所からのポチ!朝ポチは家からしてるのでW完了です。

投稿: シービー | 2008年8月28日 (木) 21時58分

>瑞穂様
ビューやまなしが出る前に「あずさ」と「はまかいじ」が出るので、ホームで待つ人たちがピークの時間帯ですね。そこを下り「スーパーあずさ」が猛スピードで走り抜けるのですが、この時死者が出てもしかたない、という気がしますね。
私はC56世代ですが、タラコ時代は来たことなかったですわ〜

投稿: swallow angel | 2008年8月28日 (木) 23時11分

>シービー様
カーブが多くて駅間も長いんですよね。この上り坂を「高原のポニー」C56が、動輪を空転させながら格闘していたのは、昔話になってしまいましたね。意外なことにシービーさんは小海線未乗ですか。中込〜小淵沢が乗り鉄マインドをくすぐりますよ。

投稿: swallow angel | 2008年8月28日 (木) 23時23分

小海線と言うとC56を思い出しますが、中込区のC56は私が中1の頃には無くなってしまったと思います。八ヶ岳バックの混合列車の写真は有名でしたよね。
今では軌道も良くなってるでしょうから、D51でも走らせれば効果絶大だと思うのですが。

投稿: line | 2008年8月29日 (金) 18時34分

架線の無い所を走っているのにエンジン音が聞こえないと逆に不自然な気がします。
蓄電池だけで走るようになればそれも電車になってしまうのでしょうが、そういう時代が来てしまうのでしょうかね。
空気の良い所ですから、空気を汚さないという考え方には賛成です。
今日も2ぽち!

投稿: キハ181つばさ | 2008年8月29日 (金) 22時15分

こんにちは。
私も間もなく煙となんとかは~の一員になる予定です(笑)
コテツコがいて足が車のため、今回は鉄分薄い旅になってしまうのですが、とりあえず「こうみ」に会えればいいなと。あれ、1日2往復くらいしか走っていないんですよね?

投稿: テツハハ | 2008年8月30日 (土) 14時21分

>line様
高原のポニーとして親しまれてましたねC56。
ということは私が小6の頃になくなっちゃったんですか。
関東近県では比較的最後まで残ったSLでしたね。

投稿: swallow angel | 2008年8月31日 (日) 07時47分

>テツハハ様
土曜や休日は頻繁に走っているようですが、小淵沢~野辺山間の区間運転だけのようです。
煙の仲間になるわけですね。
ここ数日天気が荒れ模様ですが、晴れたらいいですね。

投稿: swallow angel | 2008年8月31日 (日) 07時49分

>キハ181つばさ様
まさに自然の中を走る小海線にエコ列車を投入する考え方はインパクトありますね。
将来的には首都圏の通勤列車もハイブリッド化して、電化区間を無くす計画もあるようですが、私達が生きてる間には実行されるんでしょうか。

投稿: swallow angel | 2008年8月31日 (日) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/42257904

この記事へのトラックバック一覧です: 環境に優しい高原列車に乗ってみる:

« 高原列車は環境にやさしく | トップページ | ミーハータウン=激混み清里散策 »