« 烏山線に乗って【家族サービス鉄其の参】 | トップページ | "あの”場所でまたもや"妄想紙芝居” »

2008年5月 7日 (水)

富士をめぐりて恨み節(富士川橋梁にて)

0501201 身延線竪堀での撮影を諦め、ふたたび富士に戻りました。駅で東海道線を見ていると、さすがに貨物王国、頻繁にこうした列車が来ます。とはいえここで駅撮りだけしているのも勿体無いので、移動することにしました。

0501202 東海道線に乗って一駅目の富士川で下車、徒歩約10分で、こんなポイントに着きます。新幹線富士川橋梁は日本一長いトラス鉄橋で、その景観は壮観、まさに建造美といえます。ここは列車というよりも鉄橋の風景写真を撮ってみようというチャレンジャー精神です。ところが、数枚撮ったところで何と、富士山の頂上の雲が消えてきました。

0501203 風景写真に出てくるポイントはもっと下流の東岸なのでしょうが、西側は国有地であるはずの河川敷に畑を作っちゃってる人たちが多くて移動範囲が限られちゃいます。まぁこれくらい写れば見られるだろうということで、日本一の山と日本一の鉄橋、それを日本一速い電車が渡るところを撮ってみようということにしました。

0501204 東京を出た「のぞみ」は50分足らずでここ富士川橋梁に差し掛かります。待っていたのはこいつ、東京12:30発「のぞみ29号」。13時19分にここを通過しました。500系に会えた嬉しさからなんともオッペケペな写真になってしまいました。撮った瞬間に「あ、こりゃオッペケペだ」とわかる手ごたえがあったんです。

0501205 で、後ろも1枚撮ったのですが、これもオッペケペです。何~でか?それはね、500系のボディーの色です。鉄橋のグレーと500系のグレーが曇り空のグレーに同化しちゃってるんですね。こんなところにも今年のどんよりゴールデンウイークの影響が出てるんですよ、ゴールデンウイークは「黄金週間」なんだから晴れてなきゃダメなんです、わかったかね?太陽くん!

と恨み節を垂れつつ、うっすらでも富士山が見えるから、残り時間を「あそこ」で撮ろうということにしました。

ゴールデンウイークが終わった頃になってPカンですよ。腹立ちますね今年の天気は

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 烏山線に乗って【家族サービス鉄其の参】 | トップページ | "あの”場所でまたもや"妄想紙芝居” »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

かすかに見える富士山も幻想的ですよ。
500系、とんがってるなぁ。
0系の丸顔も可愛いけど、こっちも精悍でしびれますぅ~
こんな風に、走ってるところを見てみたい!

投稿: | 2008年5月 7日 (水) 22時03分

>舞様
500系の魅力は横顔ですね。極限まで空気抵抗をなくすように作られたフォルムはF1マシンのようです。
300km/hの走行写真、撮りたいですね。

投稿: swallow angel | 2008年5月 7日 (水) 23時06分

新幹線をサイドから狙って止めてますね。シャッターはいくつぐらいですか。
富士山の裾野が見えないのがかえって良いように感じます。ただ土手周りがちょっと煩いのが残念な感じですね。
次は東田子の浦ですかぁー?

投稿: line | 2008年5月 8日 (木) 13時17分

藤の次は富士ですか・・・。逆だったですかね。
拡大して見ましたけど、オッペケぺなんてとんでもないですよ。この時期にしては最高の写真ではないですかね。冬まで500系が持てば挑戦したいところですが、ダメかな・・・。
シャレの利いた活動に今日ポチ!

投稿: キハ181つばさ | 2008年5月 8日 (木) 20時49分

>line様
ISO400で絞り5.6、1/125でした。緩いかなと思いましたがたまたま止まってくれました。
土手周りですが、こんなところにあってはいけない畑があるんです。河原まで入って行きたかったのですが、不法に耕してる人種ににらまれてしり込みしてしまいました。
東田子の浦の松林+富士山ですね、そこも考えたんですが…

投稿: swallow angel | 2008年5月 8日 (木) 23時45分

>キハ181つばさ様
お褒めにあずかり光栄です。偶然の産物ですが。
真夏は比較的視界がいいようですので、7月頃再チャレンジしてみます。一緒に行きますか?
富士-藤-そして私の頭は不治の病…
助けてくださ~~~い!

投稿: swallow angel | 2008年5月 8日 (木) 23時49分

アハハ~~笑っちゃ失礼かも~ゴメン^^;
『オッペケペ』って東京の方言ですか?
あまり山口では使いませんが(・・ヾ)っっっ

富士山見えました~
鉄橋と富士山が絵になるね~
これで太陽さんのご機嫌が良かったら最高なのにねぇ~

投稿: オバはな | 2008年5月 9日 (金) 19時01分

>オバはな様
大昔(戦前かしら?)「おっぺけぺ節」なる歌謡曲があったとかなかったとか?ウチの親父の口癖で「このおっぺけぺが!」とよく怒られました。
この日東京は雲ひとつない快晴、150キロ程度で大きく天気は違うもんですね。

投稿: swallow angel | 2008年5月 9日 (金) 22時16分

富士の高嶺に降る雪も~♪

雄大な富士山が、バックにで~んと写っていますね。
レジャーシートでも敷いて、そこでのんびりとビールでも飲みながら、撮影なんていいでしょうね。

本日のぽち!っと。

投稿: シービー | 2008年5月10日 (土) 13時29分

>シービー様
この場所、結構危ないんですよ。比較的交通量の多い土手道で、三脚を構えたら車がすれ違えないくらいの道幅なんです。ござ(レジャーシートでしたか)敷いてビール飲んでたら轢かれちゃうと思います。
それが出来る場所へは違法で畑耕してる人の土地を抜けないとたどり着けないので、ややデンジャーです。

投稿: swallow angel | 2008年5月10日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/41111537

この記事へのトラックバック一覧です: 富士をめぐりて恨み節(富士川橋梁にて):

« 烏山線に乗って【家族サービス鉄其の参】 | トップページ | "あの”場所でまたもや"妄想紙芝居” »