« らぁめん達人@西葛西 | トップページ | こんなに大きくなりました【今日のにゃんこ】 »

2007年12月12日 (水)

発掘写真 EH10

Dsc00001 1954年から3年間に64両が製造されたEH10型電気機関車は、国鉄時代の最強機関車でした。現在活躍中の「金太郎」EH500が登場する遥か以前に存在した8軸駆動式電気機関車です。8つの動輪を載せる車体は当然長くなるわけで、その延長は22.5m。新幹線車両並みの長さになりますが、現在の金太郎と同じように車体は2分割され、その間は永久連結器で結合されています。

当時、難関とされていた関が原の勾配を難なく乗り越えて、コンテナ超特急「たから」の牽引に充てられましたが、EF60を始めとする近代型電気機関車の投入により、一般貨物機に格下げになりました。

こうなってしまうと、そのマンモスボディが災いして使用区間が制限されてしまい、東海道本線~山陽本線岡山までと宇野線だけでの運用になりました。

.

Dsc00002 このようなスタイルですが、EH10は分類上は旧型電気機関車になるそうです。京浜線や山手線に乗って車窓を眺めると、品川あたりで見える漆黒の車体は、むしろ蒸気機関車のような重厚感があって、見るからに力持ちの印象ですが、決して器用ではなかったんですね。

EF66がそうであったように、一度客車を牽引する姿を見てみたいものでした。

現在は大阪に1両だけ静態保存車を残すのみで、残り63両は全て廃車、解体となっています。

1クリックにご協力お願いします。励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« らぁめん達人@西葛西 | トップページ | こんなに大きくなりました【今日のにゃんこ】 »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

EH10ですかぁ~、新鶴見などで見たことはあるのですが、写真は一枚も撮ってないんです。
黒い車体、ブルーや茶色の機関車の中でも、一種独特の光を放っていたと思います。

パンタも車体中央より、車端寄りの二種類ありましたね。
高速度試験にも使われたりと、本当に客車を牽引させてみたかったですね。

投稿: シービー | 2007年12月13日 (木) 12時51分

時代を感じますね~
まだアタシは生まれてませんよ、、

貴重な写真だから鉄道ファンにはたまらないのでは!
歴史を知ると感慨深いですね☆”

これはtakeさんのお父さんの作ですか^^?

投稿: オバはな | 2007年12月13日 (木) 14時36分

EH10は軸重が大きかったので他線での使用が難しかったみたいですね。今のEH500とかEH200は同じ8軸でも軽量化が図られているので、亜幹線でも使用可能なんでしょうね。なんてったって南武線をEH200が走ってるんですから。

投稿: line | 2007年12月13日 (木) 18時08分

>シービー様
この写真を撮影したのが昭和50年頃でしたから最後の頃でしょうね。実際に貨物を牽いている姿は山手線の車窓から一度見ただけでした。

投稿: swallow angel | 2007年12月14日 (金) 07時15分

>オバはな様
もちろんEH10が新造された頃は私も生まれてません。見たのは最期のほんの一瞬でした。
この写真は私が中学1年の時に撮ったもので、ネガが残ってないので私としては貴重な一枚です。

投稿: swallow angel | 2007年12月14日 (金) 07時20分

>line様
EH10はそもそも東海道の難所関ヶ原のスピードアップを目論んで作られたようですが、軸重の関係でセノハチに入れなかったんですね。
南武線には桃太郎も来ますか。ついこの間まで101系が走ってたと思ったら、時代は流れてますね。

投稿: swallow angel | 2007年12月14日 (金) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/17324827

この記事へのトラックバック一覧です: 発掘写真 EH10:

« らぁめん達人@西葛西 | トップページ | こんなに大きくなりました【今日のにゃんこ】 »