« 麺屋夢うさぎ@葛西 | トップページ | 我が家最古の鉄道写真(親子三代の鉄道ロマン) »

2007年12月 5日 (水)

500系備忘録

またまた500系ネタです。最後の東海道を駆ける500系のぞみの姿を、細部ディティールの形で撮ってみました。

Dsc00001 のぞみ停車駅に見られる案内看板。500系は、そのフォルムから1号車の博多寄りと16号車の東京寄りに出入り口がありません。まさに500系のための案内が各駅に設置されていますが、徐々にテープで消されていってます。

Dsc00002 隣のホームには東北新幹線のエースE2系「はやて」。この顔合わせも見納めです。

*

Dsc00003 1号車車内。ノーズが長い分座席数が制限されます。700系の65席に対して53席、輸送力の面でややウイークポイントです。営業サイドから歓迎されなかった理由がこれなんですね。

Dsc00004 お馴染みのJR500のロゴマーク。この日、私が乗ったのはなんとW1編成でした。ロゴマーク前の丸い窓は、試験運転時に取り付けられたセンサー窓で、W1編成だけに見られるものです。

Dsc00005 今では当たり前になったLED行き先表示も新幹線では500系からの採用です。紺はこだま、赤はひかり、黄色はのぞみという概念も、のぞみ専用の500系には「そんなの関係ねぇ」。

Dsc00006 翼型パンタグラフは、新幹線の敵である「空気抵抗」を最低限に抑えるための究極のカタチです。ただ、700系からは通常のシングルアームパンタグラフに戻りました。

Dsc00007 紫をベースとした内装は派手すぎず落ち着いた感じ。ただ車体が丸いので、後方のC席(3列シートの通路側)に座ると、カーブごとに車体が傾き、酔っちゃう方もいます。私もその一人です。

Dsc00008 ホームに停車中の500系は、電車というより飛行機に近いフォルムです。

あと何回会えるんでしょうか、こうした細かい部分も後に思い出となってくるでしょうから、できるだけスナップしていきたいと思います。

1クリックにご協力お願いします。励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 麺屋夢うさぎ@葛西 | トップページ | 我が家最古の鉄道写真(親子三代の鉄道ロマン) »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

細部にわたるレポ、お疲れ様です。
先頭車のあの丸い窓のようなものはW1編成しかなかったんですか?良くぞ教えてくださいました。初めて知りました。
以前私のブログにアップした、仕事をサボって東京駅に撮りに行った写真に丸窓が写っていたんです。はて?みんな付いていたかな?なんて。
そんな話聞いてしまったらすごく得した気がします。
500系乗ってみたいなぁ~。名古屋までで良いけど・・・。

投稿: キハ181つばさ | 2007年12月 6日 (木) 00時51分

乗車口案内のシールが秒読み段階を語ってますねぇー。
東日本と同じように併結改造すれば、東京~鹿児島中央の直通運転なんてのも夢じゃない。なんてね。
500系短編成化で九州新幹線には乗り入れしそうな感じがするので、まだまだ活躍はしそうですね。

投稿: line | 2007年12月 6日 (木) 11時27分

>キハ181つばさ様
友人から聞いた話なんですけど、W1編成の丸窓は試運転時に行なったすれ違いの際の風圧センサーなんだそうです。
私の場合、新横浜~名古屋間はもっぱら睡眠の時間なんですが、最後かも知れませんので頑張って起きてました。先日の西馬込の撮影ポイント脇を通過した時の加速、カッコよかったですよ。

投稿: swallow angel | 2007年12月 6日 (木) 22時29分

>line様
この看板のテープが満タンになった時、500系とのお別れなんですね。幸いにして西日本では会えるわけで、九州乗り入れもあったらいいな、ですね。
西では300km/h走行区間が多いですが、こだま化しても疾走して欲しいですね。
“We are now travelling at 300km/h”
の電光板表示、コーフンしちゃいます。

投稿: swallow angel | 2007年12月 6日 (木) 22時36分

トラックバックしていただいてありがとうございました。
案内板の白いテープがどんどん増えてゆくのでしょうね。
寂しいですね。
私、実は5枚目のお写真を拝見したかったのです。
こちらでは「のぞみ・東京」でしょう?東京からだと「のぞみ・博多」・・・これを見たかったのです。昨日、コメントに書かせていただこうかなって思っていたのですが、書けないまま送信してしまいました。まさか、こちらの記事で拝見できるとは思ってもみなくて、嬉しい気持ちになりました。( ^ ^ )
そして、パンタグラフも「空気抵抗」を最低限に抑えるための形なのですね。
最後のお写真、最高に美しいですね。芸術だ~☆ってまた叫んでしまいました。(^^;

投稿: sara | 2008年2月 2日 (土) 21時24分

>sara様
とうとう2往復になってしまいましたね。9号は東京で写真に撮れる最後のスジです。(あと一本はお日様がいない時間なんですね)
TB気づいてくれて有難うございます。saraさん向きの記事かな~と思いまして…
こちらでは見慣れた「のぞみ・博多」のサボですが、そちらからだと「東京」なんですね、長い距離を走ってるんですね。
写真はともかく、被写体が美しいんですよ、500系は芸術品なんです。

投稿: swallow angel | 2008年2月 2日 (土) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/17265401

この記事へのトラックバック一覧です: 500系備忘録:

« 麺屋夢うさぎ@葛西 | トップページ | 我が家最古の鉄道写真(親子三代の鉄道ロマン) »