« ラーメン市場@篠崎 | トップページ | コラボ撮り鉄【消え行く列車を追跡】田町駅撮り編 »

2007年11月22日 (木)

583系ひばり復活

Dsc00001

だそうです。

使用するのは仙セン区の6連で、快速「白虎」に使われた車両と思われますが、さてどうしたものか。

まず、6両編成でしょ。

「ひばり」は東北新幹線開業前の東北本線の主力選手ですよね。やっぱり12~13両の長大編成が似合います。583の魅力はやっぱりこれですよね。

Dsc00002

これは2002年に撮影した秋田区の「わくわくドリーム号」。一見すると、往年の583ですが…

Dsc00003

ヘッドマークはべったりとシールが貼られ、貫通扉は一枚ものの鉄板で補修されてます。ちょっと痛々しいですね。

我々583ファンは、往年の美しい姿をその心に留めている以上、こうしたイベントに行くのがちょっと怖い…

複雑な心境なんですよ。

Dsc00004

ある意味、思い出の中に生きる名車、それが我らが583じゃないかな?と思うんですが、おじさん鉄の皆様、いかがでしょうか?

1クリックにご協力お願いします。励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« ラーメン市場@篠崎 | トップページ | コラボ撮り鉄【消え行く列車を追跡】田町駅撮り編 »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

これ、エル特急っていうのではないですか?
青の部分が赤いのもありましたよね。なつかしいです。

投稿: taasie | 2007年11月22日 (木) 21時42分

「ひばり」というと、485系のイメージですね。
583系も1往復で運行されていましたね。

貫通扉も雨漏りで腐食がひどくて、関西方面の車両がこういった改造を受けてましたね。
やはり貫通扉が、有る無いではイメージが変わりますからね。
上野駅での「ひばり」ホームに見える、郵便用台車も懐かしいですね。

投稿: シービー | 2007年11月23日 (金) 11時36分

本日はいろいろ御世話になりました。
早速リンクはらさせていただきました。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: line | 2007年11月23日 (金) 15時41分

>taasie様
はい、その通り、「ひばり」は昔L特急の仲間でした。taasieさんのおっしゃる中で、赤い方がポピュラーなL特急でして、この青い方は昼は座席車、夜は寝台車として八面六臂の活躍をした車両なんです。私たちにはむしろL特急というよりは夜行特急のイメージが強い車両です。

投稿: swallow angel | 2007年11月23日 (金) 18時45分

>シービー様
今は東北新幹線のニーズが非常に高くなってますが、この当時、ビジネスに観光に仙台まで「ひばり」は揺るぎない主力列車でしたね。やはり485のイメージは強いですが、それだけに583の1本は異彩を放ってましたね。
郵便台車、見なくなりましたね。赤い車に牽かれてミニ列車のように上野駅構内を走り回ってました。

投稿: swallow angel | 2007年11月23日 (金) 18時51分

>line様
こちらこそ大変お世話になりました。鉄人生の中でも最高に楽しい撮り鉄になりました。(写真の出来栄えは別として→腕が悪いもんであきらめてますが)
また、機会があれば是非ご一緒させてください。
ありがとうございました。

投稿: swallow angel | 2007年11月23日 (金) 18時54分

こんばんは。国鉄色の583はいいですねー。短編成化、貫通扉が開かなくなったりと形は変わっても、昔のスタイルを今に残していただいてるのは嬉しいですね。

西日本の『きたぐに』編成も、リバイバル国鉄カラーを出してほしいです。

投稿: Gero | 2007年11月24日 (土) 01時06分

>Gero様
旧国鉄色をまとった583は秋アキと仙センに1編成ずつ残すのみとなりました。定期運用しているのは西日本の「きたぐに」だけですが、何故JR西日本は軒並み色を塗り替えちゃうんですかね?「はまかぜ」の181DCや「くろしお」の381系も含め、なんで国鉄色ではいけないのかが疑問です。

投稿: swallow angel | 2007年11月24日 (土) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/17133971

この記事へのトラックバック一覧です: 583系ひばり復活:

« ラーメン市場@篠崎 | トップページ | コラボ撮り鉄【消え行く列車を追跡】田町駅撮り編 »