« 麺工房長谷川@新小岩 | トップページ | 鉄道博物館潜入ルポ PART7 »

2007年11月 5日 (月)

鉄道博物館潜入ルポ PART6

今回は一気に行っちゃいましょう。【ヒストリーゾーン】から

6.新幹線の誕生

7.鉄道による貨物輸送

8.御料車の歴史

です。

6.新幹線の誕生

Dsc00001_4

戦後日本の高度経済成長は、東京オリンピックの開催によって最高潮に達します。

同年、東京~新大阪間に開通した東海道新幹線は戦前、超特急「燕」以来挑み続けてきたスピードへの挑戦の集大成です。

「燕」の8時間20分を短縮すること約5時間以上、東京~新大阪間3時間10分、最高速度210キロの新幹線は、日本はもとより世界中のニュースになるほどの出来事で、この出来事はむしろ世界史の1ページです。

新幹線の開業で、東京~大阪は日帰り可能な圏内となり、これ以降は飛行機との競争になっていくわけです。

Dsc00002_3

日本の大動脈、東海道・山陽新幹線の整備が続く一方、昭和57年には東北・上越新幹線が開業、全国に新幹線網が広がっていきます。雪に弱いといわれる東海道新幹線の弱点を克服し、寒冷地対策を施した車両として登場した200系は、最高速度240キロで東北、信越地区のアクセスアップに貢献しました。

7.鉄道による貨物輸送

Dsc00003_4 

日本全国の操車場で入替えに活躍したDD13形ディーゼル機関車、私も新小岩に住んでいたので、操車場でせっせと貨物の入れ替えをしている同機の姿は飽きるほど見ました。全部で400両以上が製造されましたが、現在残っているのはこの1号機含めたった4両しかありません。

Dsc00004_3

高度経済成長期には鉄道はもとより、高速道路網も整備され、旅客のみならず、貨物輸送に於いても大量・高速輸送が要求され、東名自動車道と並行する東海道貨物線では貨物特急も存在しました。

大出力を誇るEF66は、冷蔵車の貨物特急「とびうお」、コンテナ特急「フレートライナー」の牽引に活躍しましたが、その後、ブルートレイン牽引機に抜擢され、現在も「富士・はやぶさ」の牽引にあたっています。

8.御料車の歴史

Dsc00005_3

Dsc00006_3

御料車はいわゆる皇室用客車のことで、天皇陛下はじめ皇族の方々が利用する車両です。我々が目にすることはほとんどない車両ですが、中学生時代、千葉で行われた国体の帰りを目撃、窓越しに、昭和天皇・皇后両陛下と目が合っちゃいました。40数年生きてきて生の御料車を見たのはこの一回だけです。

展示はガラス張りの向こう側で、写真に収めるのは困難でした。是非足を運んでご覧下さい、一言で言うと「絢爛豪華」です。

ヒストリーゾーンの車両展示はこんなところです。

次回以降も鉄道博物館の見所をレポートします。

1クリックにご協力お願いします。励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 麺工房長谷川@新小岩 | トップページ | 鉄道博物館潜入ルポ PART7 »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

何でこんなにしってるの~?
凄いなぁ~
takeさん自信が博物館みたい☆”

新幹線は山口県で作ってるそうですね。。
それを知ったときチョピリ嬉しかったなぁ~^^v

投稿: オバはな | 2007年11月 5日 (月) 23時17分

見ていたら早く行きたくなってしまいました。
でも、空いているときにゆっくりと見たいし・・・。
やっぱり有給とって行かないと、我慢我慢。
しかし、新幹線1両入れるだけでも大変ですよね。
我が家の床面積よりはるかに広いし。将来は電車に住んで見たいです。583系がいいですね。

投稿: キハ181つばさ | 2007年11月 6日 (火) 01時26分

>オバはな様
「鉄」の皆さんの知識量は私など足元に及ばないくらい豊富ですよ。まだまだです。
ところで山口県下松市にある日立製作所笠戸工場は新幹線の先頭車両始めいろいろな車両を作ってますね、お国自慢していいんじゃないですか?
ウチの会社の取引先でもあるんですよ。

投稿: swallow angel | 2007年11月 6日 (火) 07時33分

>キハ181つばさ様
どうせ行くなら開館から閉館までじっくり見学したいですね。今はまだブームなので一見さんが多いです。この一見さん、特にガキ連れのマナーは最悪!館内駆け回るガキや叱らない親、カメラ構えてるのに平然と前に立ち塞がるババァ…
普段傍若無人の振る舞いで知られるDQN鉄も大人しいもんです。

投稿: swallow angel | 2007年11月 6日 (火) 07時40分

やはりEF66は好きな形式のELなのですが、よくぞ保存してくれたって思ってます。
マナーって言葉を知らない人が多いのは事実ですね。
本当に頭にきたら、写真撮ってブログに載せたくなりますね。目線もしないでね。
本当は、もっとスペースがあって、車両がまた追加で保存とか出来たら嬉しい事なんですが。
外のスペースにまた保存車両が増えないですかね。

投稿: シービー | 2007年12月24日 (月) 18時56分

>シービー様
ほんと、カメラ構えてる真正面からベビーカー押して向かってきたばばぁにゃ切れました。最高画質で目線なしで「こいつじゃぁ~」って晒してやろうと思いましたよ。
外のスペースはまだ置けそうですが、手入れが大変でしょうね。ただ屋内展示も車両の剥製みたいな感は否めませんが。

投稿: swallow angel | 2007年12月24日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/16959028

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館潜入ルポ PART6:

» 綺麗になろう☆ [千葉駅徒歩1分! ブルーミング]
千葉駅から徒歩1分のブルーミングで美しくなりましょう☆ゲルマでデトックス♪ブルブルマシンのラクサでフィットネス♪10分ラクサに乗るだけでウォーキング1時間〜2時間分の運動になります。ダイエットしましょう☆ ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 13時24分

« 麺工房長谷川@新小岩 | トップページ | 鉄道博物館潜入ルポ PART7 »