« 広島到着 | トップページ | ちぃちゃん@八丁堀 »

2007年11月29日 (木)

出張先で撮り鉄三昧(JR在来線編)

2日間にわたる広島出張も、仕事に行ったんだか遊びに行ったんだかわからないうちに帰って参りました。仕事の空き時間(そっちの方が長かったりして)に撮りまくりましたのでご紹介します。尚、今回から画像をサムネイルにしました(今までの表示だと重いから開くの遅いんですよね)クリックしていただくと拡大しますよ。

Dsc00001

広島地区のJR在来線は、東京などで見るギンギラギンのステンレス車両をまったく見ませんでした。103系、115系など、色は違えども元々首都圏や京阪神地区で活躍していた車両たちで、短編成化したとはいえクモハ無しでM-M’ユニットを形成しているあたりは、タイムスリップした感覚になります。

写真は呉線「安芸路ライナー」に使用の103系。このあとこれに乗って仕事に向かいました。

Dsc00002 山陽本線岩国行き、下関区C02編成、クハ115-3015を先頭の4連。

JR西日本色に変わってますが、外観はやっぱり115系。内装はグレードアップ仕様となっていて、転換式セミクロスシートです。京阪神地区の新快速と似た内装ですわね。

以前は広島色の方が多かったですが、今はこちらの色の方が目立ってますね。

Dsc00003 クハ115-622を先頭にした下関区G-02編成

初期型の丸窓タイプですが、雨どいが省略されてます。

遠めに見るとなんだか丸坊主みたいであんまりいただけないかな。

大阪地区では103系や201系をアコモ改造してやはり同じように雨どいを取ってますけど、JR西日本はどういったコンセプトを目指してるんでしょうか?

Dsc00004

可部線105系。

現在では可部まで14キロほどの通勤路線ですが、以前は三段峡まで約60キロあまりのローカル線でした。

残念ながら、可部~三段峡間は2003年、廃止路線となってしまいました。廃止前もこの区間は一日に5往復しかなかったそうです。

Dsc00005 芸備線キハ40の単機。

山陽路の支線には非電化区間が多く、こうした気動車が現れます。通常は片運転台のキハ47が2連、ラッシュ時は4連を組みますが、デイタイムはこうした単機運用もあります。松本清張原作で映画化もされた「砂の器」の舞台「亀嵩」へはこの芸備線で備後落合まで行って木次線に乗り換え。う~ん思わず行っちゃいたくなりますが、その日のうちに帰ってくるのは困難です。

広島駅で会った電車たちは、きっと以前、どこかで会ってる気がしますね。武骨なベタ塗りの列車たちを見るとなんだかホッとします。

1クリックにご協力お願いします。励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 広島到着 | トップページ | ちぃちゃん@八丁堀 »

鉄道/JR・国鉄」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^o^)/

出張お疲れ様でしたm(_ _)m


三段峡♪

鉄道が廃止されるときにどんどんが騒いでいたのでよく覚えています←乗ったことはないんですが(^^;


一日5往復しかなかったんですね。


三段峡も行ったことはないんですが
マイナスイオンたっぷりのかなりきれいな渓谷って聞いたことがあります。

投稿: ぽん | 2007年11月29日 (木) 22時55分

お疲れさま~~
たまには地方の出張もいいですね~
しかも空き時間が沢山あるなんて なんて都合のイイ出張なんでしょう^^v

萩は利用客が少ないから一日に数本しか運行が無いし・・
しかも一連運行だから寂しいですよ~><。

投稿: オバはな | 2007年11月30日 (金) 00時37分

500系の乗り心地はいかがでしたか?
改造車が目立ちますが、懐かしの車両ばかりですね。
103系などまだまだ頑張って欲しいものです。
瀬戸内の海の幸と旨い酒なんぞも楽しまれてきましたか。

投稿: line | 2007年11月30日 (金) 10時58分

>ぽん様
一日5本の列車が誘う三段峡の旅はもう叶わないものになりましたが、可部線廃止後も訪問者の数は減ってないそうです。広島駅からバスで1時間ちょっとなので、結局鉄道楽でなければそっちにお客さんが流れてしまうんでしょうね。私もまだ行ったことはないんですが、鉄がないので行くこともないんでしょうね。

投稿: swallow angel | 2007年12月 1日 (土) 07時56分

>オバはな様
1泊2日の間に仕事したのは初日の会議(約4時間)と2日目の客先訪問(約2時間)だけ、それもお客さんに観光に連れてってもらうという観光三昧の出張になりました。大阪勤務時代は月に1~2度行ってた広島ですが、東京に転勤してからは久々なので、ついはしゃいでしまいました。

投稿: swallow angel | 2007年12月 1日 (土) 07時59分

>line様
JR西日本はよく改造はやらかしてくれますが、割と原型を留めているので良しとしましょう。あとは色を時々でいいから旧色に戻して欲しいですね。転属してくるとまずは塗り替えですからねぇ…
500系、いいですね。特に相生を過ぎると300km/h走行区間が増えてきて、その都度車内の電光掲示板で「今300キロですよ~」と伝えてくれるのがワクワクです。
ただちょっとお尻は痛いですね。

投稿: swallow angel | 2007年12月 1日 (土) 08時04分

お疲れ様でした。

どれもこれも国鉄時代からの生き残りの車両ですね。
昭和という時代に、生まれた自分たち、車両たち親しみを感じますね。

リンクをはっていただき有難うございます。
自分の方も、お気に入り登録させていただきました。
鉄道倶楽部というグループに入れさせていただきました。
こちらこそ、これからも宜しくお願いします。

投稿: シービー | 2007年12月 1日 (土) 09時01分

>シービー様
やはりお互い昭和生まれですから、彼らのリアルタイムを知ってるわけで、愛着がありますよね。特に103や113、115はあまりにも身近にいたので、東京からいなくなった彼らと再会できたのは感無量です。
こちらこそリンクありがとうございます。

投稿: swallow angel | 2007年12月 2日 (日) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225340/17225925

この記事へのトラックバック一覧です: 出張先で撮り鉄三昧(JR在来線編):

« 広島到着 | トップページ | ちぃちゃん@八丁堀 »